同世界転生の最強貴族

夜谷 ソラ

第二十四話 商国と神殿

    あの戦争から二週間後。先日の褒美で貰った白金貨を使って、領土内の公共施設を充実させたのだが、ある問題に気付いてしまったのだ。それは、セルジア領が食糧難であることだ。
    その理由として挙げられるのが、他国の領地との貿易をせずに、一つの領だけで頑張ろうとしたからである。なので、貿易契約の為に、デレンダル商国に訪れている。

「おー....流石の広さと言うべきか。それにしても、リムスニア王国よりも数倍賑やかだな」

    広さは、約270郷(1郷=4平方キロメートルで、人口は191億人にも登ると言う。ちなみにこの国の貴族制度の事を、商嚼制と言うとかなんとか。
    そして、今会いに行こうとしているのが、デレンダル商国の商王様である、デレンダル・フクルシュ・エテノメ・シルフレインスである。

「今回手紙を送り、ご返事を頂きました、セルジア領領主の、ゼクロイド・ファースト・リムスニアと申します。門を開けていただけますか?」

「何か、証明出来る物をお持ちになられていますか?」

    そう聞かれると思い、持ってきていたリムスニア国王陛下からの手紙を手渡すと、王印を見ただけて、すぐさま呼びに行ってしまった。
    それから一分もしない内に、優しそうな顔立ちをしている方がやって来た。この方こそが、デレンダル商国の商王様である。

「さあさあどうぞ。ゼクロイド副伯。先日の戦い、この国から見ておりましたし、旅人からも聞きましたぞ。凄まじい威力の魔法を、詠唱や媒体無しで使う、最強魔導士がいると。そんな方とは是非とも貿易をしたいものですな」

「そうなのですか!私としても、貴方様方の国の食糧資源を取引して貰えるならば、願ったり叶ったりです」

    だが、その言葉を聞いて商王様は、何故かバツの悪そうな顔をする。

「実はなのですが・・・・最近、神器を守るダンジョン及び神殿でもある、ノエラカラエスト神殿が活発化したせいで、取引用の荷物を運ぶ事が出来なくて、とても困っているところなのです。どうにか出来ませんでしょうか?」

「神殿・・・・・ですか・・・・・・」

    急に神殿の話をされて驚いたが、荷車が出せないと言うのなら仕方ないと納得する。

    そして、今更ながらこの世には、神の従魔である各四体の神魔が守る、四つの神殿が存在する。ちなみに各神殿には神器が隠されている。
    今回の貿易を中止する原因となったのは、ノエラカラエスト神殿の魔物の活発化による、魔物の地上侵行であろう。どうにかしなくては・・・・。
    そう考えていると、商王様はニヤリと不敵な笑みを浮かべる。

「その事なんですが、貴方様の力で攻略してはいただけませんでしょうか?そうすれば、半年間タダで食糧を渡す事を約束します」

『なるほど・・・・』

    こちら一人の命を掛けることで、領地一つが助かるのだ。これなら乗らない訳が無いだろう。

「よろしくお願いします」

「そうですか!これで契約成立ですね!それでは、お気を付けてくださいね!ゼクロイド副伯!」

    商王様が片手を出してきたので、こちらは両手で握り返す。これは当たり前の事だ!と、小さい頃から父のジルク父様に教えこまれた事である。
    それから食事を摂った後に、ノエラカラエスト神殿の中へと足を踏み入れるのだった。

「同世界転生の最強貴族」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く