同世界転生の最強貴族

夜谷 ソラ

第二十二話 二国戦争Ⅰ

◇国王 リムスニア視点◇

    今さっき、ルナメナが帰って来たのだが、そこから口にした言葉に、怒りを覚えざるおえなかった。
    なんと、帝国の者がルナメナを誘拐しようとしたのだ。怒りのあまり、頭の血管が切れそうだった。

「今より、エルスディア帝国との戦争開始を宣言する!よって、聖騎士団とSランク以上の冒険者を全員呼んでおけ!!学園は全て臨時休園だ!分かったな!?ルイス!レビン!」

「かしこまりました。国王陛下。わたくしは学園への案内と、戦争開始宣言を出します」

    右大臣であるルイスはそう言うと、すぐさま部屋から出て行った。そして、左大臣のレビンも話し出す。

「分かりましたわ。国王様。わたしは聖騎士団と冒険者に招集を掛けます。ついでと言ってはなんで御座いますが、勇者達も呼んではどうでしょうか?」

    急な質問に考える。考えてみると、確かにあのヘタレ勇者共にも、実力のある者の力を見せることにより、意識が芽生えるかもしれない、と思い浮かんだ。

「それではそのようにせよ!我らが仕掛けるのは、夜の刻九時とする!!」

「国王陛下の御心のままに・・・・・」

『さて。馬鹿な帝国の犬共にも、我らの実力が身にしみてわかるだろう』

    そうして手に取った紙には、わずか十歳でSSランクまで上り詰めた者───ゼクロイド・ファースト・リムスニアの名前が載っていた。


◇ゼクロイド視点◇

    散歩の途中、冒険者ギルドの前を通ろうとすると、中が騒がしかったので、中に入ってみる。そして、ギルドのカウンターに向かう。

「ここの前を通り掛かったら、騒がしかったので立ち寄ったのですが、何かあったのですか?」

「あー・・・・。実はなんだけど、エルスディア帝国が、リムスニア王国の第一王女のルナメナ様を攫おうとしたらしいの。それに怒りを覚えた現国王陛下が、戦争開始宣言をしたからなのよ」

『なるほど・・・・・って、昨日のあれが事の発端なのか』

「分かりました。それでは・・・・」

「ゼクロイド君は危ないから、行かないようにしてね?」

「分かりましたっ!キリッ それでは!」

「行ってらっしゃい・・・・・って!それ絶対わかってなーい!!」


    そして時刻は進み、夜の刻九時になった。戦争の場所は、リムスニア王国の東に位置するカイントレッジ平原だ。
    そして、こちらに集まった人の数は、およそ190万程だ。エルスディア帝国は、地平線ギリギリに居るので、正確な数値は分からないらしい。だが、前回の戦争では、約1200万人もの人が居たという。

「ではこれより!エルスディア帝国との戦争を開始する!!よって指揮をとるのはこの我、リムスニアだ。狙うはエルスディア帝国皇帝、エルスディア・ダビデ・イスカーンだ!!気を引き締めていけ!」

「「「おーー!!!!」」」

『さて・・・・この戦争はどうなる事やら』

「同世界転生の最強貴族」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く