同世界転生の最強貴族

夜谷 ソラ

第十七話 己の無力さ

『ここは....夢の中か?』

『そうよ。ここは夢の中よ』

    いきなり声が聞こえたので、戦闘の姿勢をしながら、辺りを見渡す。すると、とても綺麗な女性が居た。

『君は・・・・・いや、あなたは誰ですか?』

『あら。そうだったわね。私の名前はアルトリア。女神をやっているものよ。よろしくお願いするわ』

『あル・・・・と、りア?』

    何故か聞き覚えがある気がする。この声も。生まれた時から知っているような気がする。

『そうよ。そして、元×××××の×××よ』

『?』

    なんと言っているのか分からずに首を傾げると、すごく辛そうな顔をしている。何かあったのだろうか。

『そう・・・・・』

    その顔を見ていると、何故かこちらまで悲しくなってきた。なので、話題を切り替えることにした。

『・・・・そう言えば、何故俺は夢の中に?』

『簡単に言いましょう。あなたは死んでしまったのです』

『・・・・・』

    分からなかった訳では無い。心臓に剣を刺されたのだ。死ぬのも無理は無い。そこで、何故か不意に何もやりたくなくなるような脱力感に襲われる。

『なので、あなたには二つの選択肢を上げましょう。転生して、他の世界でやり直すのが一つ目。二つ目は、この世界でまた復活するの。・・・・・さあ、どちらか選びなさい』

『・・・・・分かりました。・・・では、この世界でまた復活したいです。お願い出来ますか?』

『分かりました。それでは、転生魔法を掛けます。お元気で・・・・』

    その言葉と同時に、体を淡い桃色の光が包み込む。そして、それが消えると、見覚えのある顔が目の前にあった。

「め・・・・てぃあ?メティアなのか?」

「ロイ様っ!!」

    メティアの目から涙が溢れ出てきていた。余程心配してくれていたらしい。

『今度からは心配させないようにしなきゃだな・・・・・』

「ごめんよ・・・・メティア。心配かけちゃって」

「一ヶ月も、寝て、いた、んですよ?心配して、寝れな、かったん、ですよっ!」

「ごめん・・・・もうこんな無茶はしないよ」

『メティアを泣かせてしまった自分の無力さに気が付く。自分がもっと強ければ、悲しませずに済んだのに・・・・』

そんな負の感情が、心の中を埋め尽くす。

「約束、ですよっ!!」


───それからしばらくの間、メティアを落ち着かせていた。そして、今この瞬間、とある事件の元凶が現れようとしているのだった。

「同世界転生の最強貴族」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く