幼馴染からのプロポーズを全力で断ろうと思います

りんか

(7)

「嫌い、なんだ」
「だ、だれもそんなこと言ってないじゃない!」
「だれって、だれ? それが美結さんっていう保証は、どこにもないし」
「うわ……、いきなりネガティブサイドにおちたわね」
「もともと、そんなにポジティブな方じゃないし」
「常にキラキラオーラをまとっているくせに、なにをおっしゃいますやら」
「キラキラオーラ?」
「キラキラしているオーラ」
「そのままだね」
「うん、私が見ているそのままだもの」
「おれのこと、嫌い?」
「……また、戻ってきたわね」
「答えてくれないってことは、やっぱり……」
 みるみるうちに悲しさMAXの表情になっていく秋斗くんに、私は耐え切れずに叫んでいた。
「ああもうっ、嫌いなわけないでしょ!?」
 一歩前に進み出た私の手が即座にとられ、彼のさわやかキラキラ笑顔が迫ってくる。
 これ! これよ、キラキラオーラ!
 って、し、しまった……!
「よかった。じゃあ、いいってことだよね?」
「い、いいって、なにが!? てか、変わり身はやっ」
「おれと結婚してくれても」
「だから、なんでそうなるのよ!!」
 にぎられていた手をふりはらって、私はそのまま頭をおさえた。
 ああああ、もう! なんなのよ!
 私だけこんな悶々としているなんて、だんだん馬鹿らしくなってきたんだけど!
 そもそもですよ?
 プロポーズは何度もされたけど、なんでこのひと私と結婚したいの?
 家が金持ちってわけでもないし、親がお偉いさんというわけでもない。結婚したところで、メリットがあるようにも思えない。
 なんか、どうでもよくなってきた!
「だって美結さん、おれのこと嫌いじゃないんでしょ? だったら、す、好きってこと……」
「ええ、そうよ!」
 気づけば、私はそう口走っていた。
 あ。
「……え?」
 固まる秋斗くんに、私は「な、なによ」とあわてて言いつくろった。
「いいでしょ、別に」
「えっ、あ、うん……」
 ハッと我に返った彼が、さっきまでの余裕ぶりはどこへいったのか、そわそわした態度になる。藍色の瞳が所在なさげに宙をさまよって、ようやく私をとらえた。
「じゃ、じゃあ、本当におれと結婚してくれ――」
「結婚はまだ無理!」
「どうして? おれのこと、好きになってくれたんじゃないの? だったら……」
 切なげにゆがんでいく秋斗くんの整った顔に、私はビシッと指をさした。
「き、きみにとっては、たぶん残念なお知らせがあります! 耳をかっぽじって、よーくききなさい!」
「残念な、て……」
 秋斗くんの表情が、一瞬で凍りつく。
 今にも崩れていきそうなそれに、少しだけ罪悪感がわくけど、ええい! もう、どうにでもなれ!
 決意をこめて、私は彼を真っすぐに見つめ返した。
「きみのこと……! す、好きを通り越して、だ、だい……きになっちゃいましたから! だから、あの宣戦布告は無効になるはずでしょ!? 好きになったらっていう条件だったし、つまりきみとは結婚できな――ひゃあっ!?」
 我ながら情けなさすぎる悲鳴が、飛び出してしまう。
 だ、だって、いきなり抱きしめられるなんて、思わなかったんだもの!
「……だ」
 耳元をかすめていったそれに、私の全身がさらにこわばっていく。
「好きだよ、美結さん。ずっと前から、もうどうしようもないくらい……、きみのことが大好きだ」
「わ、わ、わかったから! わかったから、こんなところで、だだっ抱きついてこないで……! 耳元で、甘ったるくささやいてこないで……! 耳がっ、とけるっ、から……っ」
「じゃあ、こんなところじゃなかったらいい?」
「そそ、そういう問題でもないでしょうがっ」
 楽しげに笑う声に、私は必死に反論する。
 ここでもどこでもそこでもあそこでも、こういうことは勘弁してください……っ。
 もぞもぞと逃げ出そうとするけど、逆に強く抱き寄せられてしまって、もうどうしていいのか……
「美結さん」
 急に名前を呼ばれて、私の肩がおもしろいくらいにはねあがる。
「な、なに?」
「いろいろ……、可愛すぎ」
「っ!? ばばっばっだれがっ」
 思いっきりかみまくるし、自分でもなにが言いたいのかよくわからないし、なんなのよお。
 あきらめと同時に脱力していくと、頭の方も少しは落ち着いてくれたのか、回転してくれるようになる。
 えっと。ちょっと、信じられないんだけど……
「……秋斗くんって、私のこと好きだったの?」
「そうだよ。八歳より前から、ずっと。って美結さん、もしかして気づいていなかったの?」
「全然」
「じゃあおれがどうしてきみにプロポーズしたのか、わかっていなかったの?」
「全然」
「自分で言うのもなんだけど、おれの態度って結構わかりやすかったと思うよ?」
「全然」
「……プッ、クククッ」
 背中を丸めた秋斗くんが小さく吹きだし、それはいつしか大きな笑いに変わった。
 い、意味わかんないし!

「幼馴染からのプロポーズを全力で断ろうと思います」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く