話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生したら世界龍だった!?

血まみれ捨てワンコ

他の龍達

さっそく大金持ちになった俺は今宿を探していた。
「なんで行った宿全部満員なんだよ。」
そう。そうなのだ10軒以上回ったのに全部断られているのだ。ついてねー
とりあえず剣が欲しいな。武器屋に行こう。


「あ!こんにちは。今お父さん呼んできますので。」
と店員さんがトコトコと店の奥に入っていった。かわいい。
そうえば月見元気かな?

「へい!らっしゃい!今日は何をお探しで?」
「この店で1番強い剣を。」
「へぇー。いいじゃねえか。まっとれ。」



「ほれこれだ!」
と、差し出して来たのはめっちゃかっこいい剣だった。
「そいつは魔剣クロスっちゅうんだ」
「値段は?」
「王金貨20枚だ。」
「ほい」
「まいどー」
「また来るよ。」
「あいよ」
そうして俺は武器屋を後にした。



俺がクロスとともにまた宿屋を探す旅に出たところ、
「おい!てめぇらこいつの命が惜しけりゃ金を出せ!」
「アイリス殿!貴様ァ!!」
「い、いくら用意すれば良いですか?」
「王金貨80枚だ!!」
「すぐに用意します!ですが、ス、少しお時間を!」
「時間だぁ?すぐに用意しろ!すぐに用意しろ!それまで俺のアジトで金が用意出来るまでこいつで遊んどいてやるよギャハハハハ!!」
「おいこれで足りるだろ。」
と、俺は手持ちの王金貨80枚を渡した。
「おっ!サンキュー。ψ(`∇´)ψケッケッケ用意出来たならいいんだよ。じゃあ俺はこれで」
と男がアイリスと呼ばれた人質を優しく地面において後ろに振り向いた。その瞬間俺は相手の後ろにテレポートし、 
「素直に渡すとでも思ったか?」と言い、相手の首に手刀を落とし相手を気絶させた。
そうして金を取り戻した俺が宿探しを再開しようとした時、
「君!少し来て欲しい」と執事のような人に言われ言う通りにし、ついって言った。




「貴殿が娘を助けてくれたのか?感謝する。」
と王様が俺に言った。
執事が居た時から嫌な予感はしてたんだ。まぁしょうがないか。
「娘を助けてくれた礼だ。1つ願いを叶えてやろう。」
「願いですか…ではこの世界にいるドラゴンたちの居場所を教えて貰いたい。」
「ワシが知っているのは炎龍の場所だけだ。」
「この国の隣国のディアーズボルケーノの頂上に住んでいるそうだ。」
「ありがとうございます。では私はこれで」
「本当にこれだけでいいのか?」
「はい十分です。」
「泊まる宿はあるのか?」 
「今のところありませんが…」
そう言うと王様はにぃと笑った。




ここが貴殿の部屋だと言われた部屋でごろごろしている。
すると王様が入ってきた。その瞬間俺の背筋はピシッとなり何故か正座になった。
「ど、どうした?まあいい。ほら入りなさい。」
と言い、アイリスが入ってきた。
「あ、あああんたなんかに助けられたからって嬉しくないんだからね!」
と言ってどっかに言ってしまった。
「すごいツンデレだな」
「すまん。」

「転生したら世界龍だった!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く