話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生したら世界龍だった!?

血まみれ捨てワンコ

初めてのギルド登録

帝国に入った俺はギルド登録で冒険者になろうと思い、それっぽい建物に入った。
見事にビンゴだった。とりあえずギルドのねーちゃんのところに行った。
「こんにちは今日はどのようなご要件ですか?」
「登録をしたいんですけど…」
「はい!職業はなんですか?」
「しょ、しょしょ、職業?」
「もしかして、ないんですか?」
「はい…」
「じゃあこの水晶に手をかざしてください!」

職業ドラゴンウォーリアー

「なんかかっこいい職業出ましたね!あとは登録するだけです!」
「はい」
「冒険者は、銅、王銅、銀銅、銀、王銀、アメジスト、ダイヤモンド、金、王金、ミスリルがあります」
「最初は皆さん銅ですが、相応のモンスターを倒すとランクアップ出来ます。」
「ちなみにミスリルは何人いるんですか?」
「世界で3人です。えー勇者ユウスケ・オダ、えーマリス・リーゼ・ゴース、えートミック・アリー・ホースですね。」
最初の人絶対日本人だ。絶対友達なろ。
「あっ!そうえばミスリルの人全員10代20代ですよ!」
マジか若いな俺も頑張ろ。
「じゃあ王銅位の依頼ください。」
「はい!じゃあゴブリンの集落を殲滅してきてください。ゴブリンロードがいた場合は逃げてくださいね!」
「はい。」

そうして俺はゴブリンの集落へと向かった。

「転生したら世界龍だった!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く