話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生したら世界龍だった!?

血まみれ捨てワンコ

初めての帝国

「ドラゴン殿にカンパーイ」「『(«{【[(〔カンパーイ〕)]】}»)』」
今はパーティーの真っ最中だ。料理が美味しくて箸が進むぜ。

「ドラゴン殿はこれからどこに行くつもりだ?」
「俺は帝国に行くつもりだ。」
「歓迎してくれなかったどうするんだ?」
「破壊神にでもなろうかな」
「やめて欲しいな」
「まぁ人間の姿で行くから大丈夫だ」
「そうだ名前はどうするのだ?」
「特にないな」
「この際決めたらどうだ?」
「そうだな〜スカイだ。今日から俺はスカイ・ヴァン・クロノスだ。」
「いい名ではないか。」

                                                          


                                         ─ステータスが更新されました─

「更新されたのかさっそく見てみよう」


ステータス


個体名スカイ・ヴァン・クロノス
種族ドラゴン(ユニークモンスター世界龍)
職業なし
LV30
生命力142535855885555889321142
魔力53887222900542699521233
俊敏53542248098695422212354225147854525112221144
防御124545342151551555525
跳躍5185421514242515424451212

スキル
オーバースター   対魔の光   海龍の怒り   傲慢の炎龍    土竜の食い意地   光龍の色欲
略奪の闇龍   森龍の嫉妬   怠情の毒龍   天龍の憂鬱    虚飾の獄龍    八つの枢要罪の神龍
言語理解   人化    神化    神の怒槌   

魔法
光線(絶)









ちょっとスキルが増えた気がする。

ま、いいや。
気にしたら負けだ。


───────────────────2日後─────────────────────────

「じゃあなー」
「行ってこい!」
そうして俺はエルフの村を後にした。









帝国に着いたぜよ。
でかいぜよ。

「おい!そこのお前!」
「はいこの国に様か?」
「はい。」
「身分を証明できるものはあるか?」
「ないです。」
「じゃあこいつに手を当てろお前に犯罪歴がないか確認する。」
「はい」
そして水晶が赤く光った。
「お前人を殺した理由を言え。」
「盗賊が襲ってきたので八つ裂ゲフンゲフン消し炭にしました。」
「そっちの方が物騒じゃないか?」
ピンポン!
「嘘はついてないようだな。通ってよし!」
「アザース」
そうして俺は帝国に入っていった。

「転生したら世界龍だった!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く