話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界渡り(ワールドウォーカー)の異世界探検記編

キヨカズ

第一章 転生 第07話 次の段階と冒険者登録

僕に家庭教師がついて2年目になり僕は6 歳になった。 体つきも能力も成長したため戦闘訓練も次の段階に進む。
「よし、これからいよいよ、長剣を扱う為の訓練に入る、まずクリフこれを使え!クリフ用に合わせて作った剣だ!」
そう言うと、一本の木の枝で作られた剣をわたされる。
「クリフはまだ成長途中で成長に合わせて使う剣を変えていくから今はそれに合わせて木剣を変えながら剣術を教えていく。」
「はい!師匠よろしくお願いします。」
そう言うとクライブは庭にある2本の木の杭が5メートルの間をあけて立ててある場所に立つ。
「よし、ではまず構えからだ、まず利き手を上、そしてもう一方を下にして持つ、それから切っ先を正面に向け構える。これが基本の型の中でも最も多い型だ。では構えて!」
そう言われて、教わった通りにかまえると、
「まず俺が見本を見せる。」
と、言うと右側の木の杭に立ち杭に木剣を打ち込む、その後をクライブを真似て打ち込む。それを昼食の時間10前まで休憩をはさみながら続ける。


昼食の後はセシリー先生の魔法の訓練である。魔法の訓練は始めてから半年になる。歴史と他国の誕生の歴史や対帝国のための同盟のことなど大陸の歴史の勉強が終わったあと魔法の訓練に移っていった。


半年前、
「昨日までで大陸の歴史と情勢は以上です、今日からは魔法の勉強を始めます、魔法には属性があり、その属性の才能がなければその属性の魔法は使えません。そして属性には火・水・土・風・光・闇、無の基本属性と時空・付与・治癒の特殊属性の10の属性があり、一人1つ以上の属性を持っています。この内どの属性を持っているか調べるには、鑑定用の魔道具を使うか、実際に試してみて使えるかで判断します。鑑定用の魔道具は冒険者ギルドに置いてありますが、貴族の家ならば持っているので今回はそれを使用させていただきます。」
そう言うと鑑定用の魔道具を目の前に置く。この世界の者は生まれ付きステータスオープンでステータスカードを取り出すには作成されたステータスカードに魔力を通して個人認証しないといけないが、もちろん僕は転生者であり、その為ステータスカードオープンと唱えるだけで、ステータスカードを出せばわかるのだが、現時点では転生者であることを秘密にしているためセシリー先生の指示に従い鑑定する。


鑑定結果、基本属性七色に鑑定の魔道具が変化する。すると、セシリー先生は
「さすがはクリフ君基本属性すべてに才能があるとは、ライアス君達は3つから4つの属性だったからさすがはライトフェロー家の人間ね!」
「ありがとうございます。」
「まず、魔法を使うには体内の魔力を操作して使用する魔法の効果をイメージして大気中の魔素を変化させることによって発動します。魔法の威力は体内の魔力をどれだけ注ぐかで決まり使用する魔法の基本の威力値を足して使用する魔法の属性のその時の属性レベルを掛けたものになります。」
そう言うと、さらに魔法の詠唱について学ぶ。
「魔法を使うときには使用する魔法のイメージを助けるため、詠唱を行いますがあくまで使用する魔法のイメージの補助であるため、レベルが上がり魔法のイメージがスムーズに行えるようになれば詠唱を省略したり破棄して使用することができるようになります。では外に出て魔法を使用する練習を始めます。」
こうして魔法の訓練が始まって半年がたったのである。


そして、現在クライブ師匠との剣術稽古は長剣の訓練を始めて1ヶ月がたった。最初の素振りに加えて師匠との打ち合いが加わり、より実戦的になった。そして今日、クライブ師匠はこう切り出した。
「クリフ、セシリアとも話したんだが今日から冒険者ギルドに登録して依頼をこなし実戦訓練をする。」
そう言うとセシリー先生がやってくる。
「お待たせクライブ、クリフ君じゃあ早速ギルドに行こうか!」
そう言って三人で冒険者ギルドに向かった。そしてギルドに入るそして三人で受付に向かう。
「あら、クライブさんとセシリアさんお久しぶりです。」
「あぁ、久しぶり今日はこいつの冒険者ギルドへの登録をしたいんだが。」
そう言うと僕のことを彼女に引き合わせる。
「始めまして、クリフ・ライトフェローです。ギルドへ登録するために来ました。」
僕が自己紹介すると驚く。
「ライトフェローと言うと領主様の!」
「はい!ライトフェロー家の4男でクリフと言います。よろしくお願いしますね(笑)。」
僕がそういうと、
「ごめんなさい名乗っていなかったわね、私はカトレア・ネストレスよ、こちらこそよろしくお願いしますね?!」
そういうとギルドへの登録手続きを行なう、登録手続きが終ると、
「ちょっと待っててね。」
と言って奥の部屋に入っていくしばらくするともう一人大柄な男を連れて戻ってくる。そしてその男はこう切り出した、
「はじめまして、俺はギルドマスターのブレイスだ、君が領主様の息子のクリフ君か!君の兄上たちにはこのギルドの冒険者たちが多かれ少なかれ世話になってるから、何かあったら誰でも良いから相談してくれ!」
そう言ってギルドマスターは部屋に入っていく。すると別の男が声をかけてくる。
「よう、クライブとセシリアじゃねえか!随分久しぶりだな、そっちの坊主はまさか二人の子供か?」
「ゲイル!そんな訳ないだろう、こいつはクリフ・ライトフェロー、ライナス様のご子息で俺の弟子さ!」
「領主様の息子かクリフさま、はじめまして冒険者をやってるゲイル・コンラッドだ!君のお兄さんたちには何度か世話になっているから何かあったら遠慮なく声を掛けてくれよろしくな!?」
そう言って立ち去っていく。こうして、お約束のトラブルもなく、冒険者登録は終わったのである。

「異世界渡り(ワールドウォーカー)の異世界探検記編」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く