話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界渡り(ワールドウォーカー)の異世界探検記編

キヨカズ

第一章 転生 第06話 帝国の誕生とクロアール王国の歴史

そしてクライブの体力づくりと戦闘訓練はクリフの成長と体力が付いてきたのに合わせて走り込みの距離や回数を変えて行う。クライブ師匠の修行の後は、セシリー先生との書き取りと母上とセシリー先生との礼儀作法の練習を繰り返して1年が過ぎた。クライブ師匠との体力づくりと戦闘訓練の成果と剣神の加護のおかげでかなり力がついてきている。戦闘訓練の後は、セシリー先生の座学だ。勉強を始めて一年、今日から単語の書き取りを終える。そしてセシリー先生が
「はい、それでは今日で書き取りはここまでです。今日からこの世界やこの国の歴史、文化などを学んでいきます。」
と言うと、セシリー先生の話を紙に書き写していく。
「まずはこの世界の成り立ちから、この世界は創造神グロシアナ様が創造された世界のひとつだと言われています。まずグロシアナ様はこの世界に星々と太陽と月、そして我々の住むこの星を創造しました。その後、さまざまな生き物を創造し最後に人間や亜人を創造しました。」
この世界の創造神話の後は大陸の歴史について学ぶ。
「では、次にこの大陸とその歴史についてです。創造神によって創造された人間と亜人ですが、人間は大陸に広く散らばり家族単位で狩猟などをしながら暮らしていました。やがて人間達の中にトラナと呼ぶ植物を栽培しひとつの所に定住する者達が現れる。」
ここまで、話すと休憩を入れる。今の話に出てきたトラナとは前世の世界の小麦のことでやがてトラナを使ってパンや麺などが作られるようになる。休憩が終わると歴史の話を再開する。話は人間が定住するようになってから、村や町やがて国へと発展し、国々が領土をめぐる争いへ発展していったことに及んだ。そこまではなしをすると再び休憩はさむ。そして休憩を終えはなしだす。
「さて、国々の領土争いにある時転機がおとずれます、一人の男性が現れその武力とカリスマ性で次々と大陸の国々を傘下に治め大陸を統一しました。」
そこまで話すと一息つくとつづける。
「こうして大陸を統一した者こそガルム・ゼフェリアのちにゼフェリア帝国の皇帝と呼ばれるようになります。」
そうこれがグローシア大陸の半分を統治する大国、ゼフェリア帝国誕生の歴史である。
「その後、ゼフェリア帝国は分裂しいくつかの国が帝国から独立するのですが今日はここまでです。続きは明日にしましょう。」
そういって今日も母上とお茶とお茶菓子を美味しくいただいた。
「それでは昨日の続きからはじめます。昨日は帝国が成立するまででした。帝国は皇帝となった後、統一のために戦った者達にその功績に応じて爵位や領地を与えました。帝国の皇帝陛下が生きていた頃は大陸は平穏でした。しかし、初代皇帝が亡くなり、皇帝4代、5代目になると帝国の政治も腐敗し始めました。広大な大陸の辺境では民から搾取し圧政をしくものや帝都の政治では醜い権力争いを繰り返し、民は帝国に不満を持つようになりました。」
と、話しはいよいよクリフにとって重要な出来事に差し掛かる。
「そんな人々の恨み、嫉妬、怒り、欲望などの負の感情がこの世界に魔王と言う存在を生み出しました。そして魔王は人間を支配する為、魔王は自分の手足となる様々な魔族を生み出し彼らを率いて、帝国に攻めてきました。」
とここで一度休憩をはさみ話しを続ける。
「帝国は軍を率いて魔王と魔族の軍勢に立ち向かったが魔王と魔族の圧倒的な力の前に劣勢だった帝国は魔王に支配されるのも時間の問題でした。そんな中、帝国の宮廷魔術師のなかに創造神から神託を受け、異世界から勇者を召喚する魔法を完成させたのです。この魔法は異世界とこの世界結ぶ魔方陣に召喚と魔力による異世界人を強化する術式を加えたものでした。」
「こうして召喚された勇者によって魔王はみごと討伐されました。その後勇者は召喚魔法を生み出した魔術師の送還用の魔方陣によって帰還しました。するとその魔術師は世界を救った英雄となりました。ですが人々の称賛をあつめる彼のことを妬んだ者達は魔術師が民衆を扇動し皇帝の座を狙っていると濡れ衣をきせ、それにより魔術師は辺境へと送られました。」
ここで再び、休憩を入れる。
「魔術師が送らた辺境の領主は民から、財産を搾取し苦しめていました。そしてそんな領主の横暴を目の当たりにした彼は民とともに蜂起しました、そしてその周囲の民へ圧政を強いている領地の民達を率い帝国からの独立を宣言し圧政を強いていた領主を処刑しました。そうして成立したのがクロアール王国です。すると、他の辺境の民も次々と独立蜂起しました。そして、誕生したのが今も存在している8つの国々です。」
その後、王国の歴史そして500年ごとに倒したはずの魔王の復活、そしてその度に異世界からの勇者召喚、そして帝国からの独立を維持する為の8カ国との同盟締結、などを学んでいく。そして今日の勉強は終了する。
さらに翌日は、亜人と人間との関係、さらに亜人について学ぶのだが、その事については亜人、すなわちエルフやドワーフなどはいずれ登場するときに記すとします。さらにクロアール王国以外の国々(帝国を含む)についても主人公と関わりが出てきてから記すことにしましょう。こうして、さらに1年がたった。

「異世界渡り(ワールドウォーカー)の異世界探検記編」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く