話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界渡り(ワールドウォーカー)の異世界探検記編

キヨカズ

第一章 転生 第03話 クリフ・ライトフェロー

気がつくと何も無い空間にいる。ファイアードラゴンのブレスを受けたところまでは覚えているが一時何故こんな所に居るのかわからなかったが、しばらくするとここが転生の間だと気づいた。
「こここはまさか転生の間?」
すると目の前にまばゆい光が現れたと思ったらその光が人の形になっていく。そして、目の前に女性が現れた。
「あなたが高杉晋一君ですね?あなたはすでに気付いているでしょうがあなたは亡くなられました。」
「やはりそうですか、でもここに居るってことは僕は転生できるのですか?」
「はい、その通りです。それからあなたには転生したらしてもらいたいことがあります。」
晋一は、正直あまり気乗りしなかったが、目の前に立つ美女の頼みならやってみるのも悪くないと思っているとその思考を読んだのか目の前のおそらく女神様と思われる女性が
「ふふっ、ありがとう君にそう思ってもらえて光栄に思うわ。」
「僕の思考を読んだんですか?勘弁してください。」
「ごめんなさいね、それよりあなたに頼みたいことだけど、私の名前は創造神グロシアナ、私の管理するグロシアという世界には500年に一度、魔王が復活するのだけどその時、異世界から儀式を使って勇者たちが召喚されるのだけれど彼らのサポートをお願いしたいの。」
「勇者たちのサポートですか、それはどういう事ですか?」
「あなたが生前目指していた、魔道具などのアイテム制作でのサポートです。」
「なるほど、それなら出来そうです。」
「それは有難いですね。もちろん魔王討伐が終われば後は、あなたが異世界転移者(ワールドウォーカー)になることもかまいません。それと、あなたが確実にサポートに選ばれるように勇者召喚の儀式がおこなわれる王国の貴族に転生できるようにしましょう。」
さらに、女神様はこうも続ける。
「それと、私の頼みを受け入れていただいたお礼に、あなたに加護を授けます。魔法神エフェリア、技巧神クライフ、知識神アカデミス来て下さい。」
すると老人の姿をした技巧神と創造神グロシアナ様に勝るとも劣らない美女の魔法神、そして、優しい笑顔をうかべたがお婆さんのような知識神が現れる。
「お呼びでしょうか、グロシアナ様。」
「あなたたちの加護を彼に授けてあげて。」
「わかりました、まずはわしからじゃ。」
そう言うと技巧神は僕の目の前に立つと頭に手を置き加護を授けてくれる、次に魔法神と知識神も同じように授けてくれた。すると、
「私の事、褒めてくれたから、私も加護を授けてあげましょう。」
そして、創造神様も加護を授けてくれた。
すると、突然まばゆい光とともに中年の男性が現れる。
「あなたは剣神ブレイディアあなたは呼んでいないのですが。」
「それは、俺も加護を授けてやろうと思ったからだよ。」
「彼は支援職なので戦闘スキルの必要性は高くなくていいのですが。」
「確かにそうだが異世界転移者(ワールドウォーカー)になるなら、有った方がいいだろう。」
「確かにそうかもしれませんね。」
結局、剣神ブレイディアにも加護をさずかる。そして、いよいよ転生する事になる。
「記憶は2歳になったときに思い出すようにしておきます。では、お願いします。頑張って下さいね?!」
こうして僕はグロシアに転生したのである。
「知らない天井だ。」
目を覚ますと晋一の意識とクリフ・ライトフェローとしての意識が一つになっていく。
すると部屋の扉がノックされる。そして、メイドのメアリーが入ってくる。
「クリフ様、おはようございます。お誕生日おめでとうございます。」
「おはよう、ありがとうね。それと今日も素敵だね。」
「クリフ様、クリフ様も素敵です。」
「ははっ、冗談はこれぐらいで、父上と母上は朝食中かな?」
「はい、クリフ様もご朝食になさいませ。」
そして、食卓に向かった。
「父上、母上おはようございます。」
「クリフおはようそして、誕生日おめでとう。」
「ありがとうございます。それでは創造神グロシアナ様の恵みに感謝を」
この世界で食事前の祈りを捧げると朝食を食べる。この世界では朝食にパンとスープにサラダが一般的である。クリフは朝食を終えるとへやにもどる。クリフはこれから、勇者が召喚されるまでにやるべき事を考える。この世界では前世の記憶持ちの転生者を大切に扱っている。それは転生者が前世の知識によって様々な恩恵をもたらしてきたからである。そのため転生者は彼らが住む国以外の国から誘拐や暗殺など狙われる事も多いため、転生者であることを告げるのは、身を守る力を付けてからにしなければいけないため、家庭教師を雇って貰うよう頼まなければいけない。だがその前に、ステータスをまだ確認していないことに気づいた。
「そう言えばステータスを確認してなかったな。ステータスオープン」
するとステータスカードが手のひらに出現する、この世界では皆ステータスオープンと唱えるとステータスがカードとなって出現する。クリフは出現したステータスカードを見て唖然とする。
クリフ・ライトフェロー
年齢2才
職業 錬金術師
LV 1
HP 10
MP 75


体力  12
筋力  9
知力  15
魔力  15
敏捷度 13
器用度 18


スキル 剣術   1
錬金術  1
鍛治   1
魔力感知
無限知識(知識神の加護による取得)
魔術総合 1
創造魔法 5(創造神の加護による取得)
完全偽装  10
必要経験値軽減
獲得経験値増加


加護  技巧神の加護
知識神の加護
魔法神の加護
剣神の加護
創造神の加護


称号 転生者・異世界転移者(ワールドウォーカー)候補・創造神候補


能力値と加護とスキルはまだわかる称号の中にとんでもない文字をみつけたのである。

「異世界渡り(ワールドウォーカー)の異世界探検記編」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く