話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界渡り(ワールドウォーカー)の異世界探検記編

キヨカズ

第一章 転生 第01話 それぞれの思い

晋一は1学期の終業式に出席したあと下校中である。すると智章によばれて振り返る。
「晋一!ひどいよ僕を待たずにさっさと帰ろうとするなんて!」
「わるいわるい、学園に通うようになって最初の夏休みで、嬉しくてね。」
「確かに俺も楽しみだが、うかれすぎないようにな!それより夏休みの課題だがどうするつもりだ?」
僕はこの時、冒険者を育生するための学校に通っている。将来、異世界転移者(ワールドウォーカー)に成りたい為だ、智章はその学校で友達になったクラスメイトであり、僕と同じく異世界転移者(ワールドウォーカー)志望なため仲良くなったからだ。
「僕はもちろん初心者用ダンジョンに潜る
課題に挑むつもりだよ。」
「じゃあ、俺も一緒の課題に挑もうかな?」
「OK.じゃあそうしよう!」
そんなやりとりをしていると聞き覚えのある声が聞こえたので振り返ると中学時代のクラスメイトの浅香春奈だった。
「高杉君!君も今日から夏休みだよね?」
「そうだよ、浅香さんの通っている高校もそうなの?」
「そうよ、所で高杉君は夏休み何か予定はあるの?」
「僕は彼と一緒に夏休みの課題の初心者用ダンジョンに挑むか、冒険者ギルドの簡単な依頼をこなしていくつもりだよ。」
「そうなの?でもせっかくの夏休みだから海やプールで遊んだり旅行に行ったりしないの?」
「あっ!そう言うこと!もちろん夏休み中ずーっとって訳じゃあないよ。」
「じゃあさ、高杉君の都合のつく日にみんなでプールに行こうよ。」
「別に僕は構わないよ、智章も良いよね?」
「ああ俺も別に構わないぜ!」
だが、その後浅香さんはこんな事を言い始めた。
「それからさ、もしよかったら私にも少し高杉君の手伝いをさせてくれないかな?」
すると、今まで浅香さんのそばで僕の事をしかめっ面で見ながら黙っていた、浅香さんの幼馴染の神城龍馬が声を荒らげて彼女に声をかけた。
「春奈!そんな危険な事ダメに決まっているだろう!」
「龍馬君、別にあなたに許可を求めてないわ、私は高杉君に聞いたのよ、どうかな高杉君?」
「えっ、ああ僕も危険だから、やめた方がいいと思うよ。僕や智章は学校で戦闘や魔法などの基礎を学んでいるから大丈夫だけど、浅香さんはそうじゃないだろ?」
「うーん、そっかそれじゃあしょうがないか。だったらさ高杉君が学校で学んだ戦闘や魔法の基礎について教えてもらえないかな?」
浅香さんはそんな事を言い出した。
晋一は、春奈が言い出したことに戸惑っていた。
「浅香さん、なぜ戦闘や魔法のこと教えてほしいねかな?」
春奈は中学時代、晋一が異世界転移者(ワールドウォーカー)になることが夢だと聞いたときいずれ晋一が異世界に旅立ったら次いつ会えるか分からなくなる、そのことが春奈に晋一への恋心を自覚させるきっかけになったのである。その時から自分が晋一とともに居るためには自分も異世界転移者(ワールドウォーカー)になって、彼ともに異世界を旅立ちたいと考え、春奈は自分も晋一が受験する冒険者育生学校に自分も受験しようと思い両親に
伝えたが反対されたため、今通っている高校に進学したのだ。
「晋一君はウォーカーになりたいんでしょ?だから私も晋一君と異世界を旅をするためにいつかウォーカーになるために成人したら晋一の通っている学校に入学するんだ!」
それを聞いた神城龍馬は
「なんだって!僕はそんな事初めて聞いたぞ!」
「当たり前だよ今初めていったもの、私も高杉君と同じ学校に進学したかったけど親の反対であきらめたけど。」
「駄目だそんな事許さないぞ!」
「私の将来を幼馴染だからって龍馬君に勝手に決められる筋合いはないとおもうんだけど?ねえ、高杉君お願いします。」
結局、浅香さんにどうしてもと頼み込まれ訓練の手伝いを約束して家に帰ってきた。
「はあ〜、今日は終業式だけの筈なのにすごく疲れた!」
浅香さんの発言にはすごく驚かされた。確かに中学時代から浅香さんの好意に気付いていた。さらに神城君が浅香さんに幼馴染以上の感情を持っておりそのため僕の事をあまりよく思われていないため今後の事を考えるだけで憂うつな気分である。


春奈side
春奈が晋一と中学三年生の時に同じクラスになったが初めて彼に出会ったのは、それより4ヶ月にさかのぼる。その日、春奈は女友達と街に遊びにきていたが、突然数匹のゴブリンか出現し襲われそうになった。それを助けたのが晋一だ、晋一は初級の魔法で春奈に
襲いかかったゴブリンを追い払った後短く声をかけた後、名前も告げずに立ち去っていった。
中学三年生になり一緒のクラスになった時あの時助けてくれた彼と再会できたため晋一に積極的に声をかけた。彼と話しているうちに彼が異世界転移者(ワールドウォーカー)を目指している事を知り自分も異世界転移者(ワールドウォーカー)となって、一緒に異世界を旅したいと思うようになった。だから晋一に稽古をつけてもらえる約束を取り付けることができてウキウキしていた。だから彼の身にあんなことが起こるとは思いもよらなかった。そして春奈の望みが意外な形で叶うことになるのだか。それはしばらく後の事である。

「異世界渡り(ワールドウォーカー)の異世界探検記編」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く