スキル『日常動作』は最強です~ゴミスキルだと思ったら、実は超万能スキルでした~

Mei

魔物の傷を治してあげたら……

「『魔力纏』!」

 レクスは木の棒に魔力を付与する。すると、木の棒を魔力が覆った。

「『強打』!」

 レクスはコボルトに近づかず、その場で・・・・木の棒を振り下ろす。その瞬間、魔力が収束し、三日月状の刃となってコボルトに襲いかかった。

「グルウゥゥ!?」

 コボルトは木の棒から打ち出された魔力の収束した刃に反応することが出来ず、首に直撃。血飛沫を上げて、その場に倒れ伏した。




◇『取る』項目を二つ選んでください


HP   1548

MP   1738

攻撃力  959

防御力  1240

素早さ  2462

スキル

脚力強化(小) 威圧(小) 突進Lv.3




「………素早さと後は……」

 脚力強化(小)か、防御力を取るか…………。う~ん……。素早さを強化出来るのは良いことだけど……。まだ防御力を取ってないんですよね……。今は余裕で対処出来ますが、この先コボルトやゴブリン以外の魔物だって当然出てきますし……。

「……防御力を取りましょう」

 レクスは防御力を選択した。




レクス   Lv.26

HP   23642/23642

MP   3002/3146

攻撃力  25034

防御力  1240

素早さ  2124


スキル

『日常動作』『棒術・改(5/10)』

アビリティ

『棒術』ー『強硬』『器用』『強打』『魔力纏』







 レクスは先程のコボルトの他にも魔物を倒しているので、ステータスも大幅に上がっていた。因みにゴブリンは既に4体以上倒しており、依頼は既に達成していた。今は自分のステータスを上げるためにひたすら魔物と戦っていた。

「魔力が減ってますね……。『魔力纏』を使ったからでしょうか」

 この減り具合だと魔力も直ぐに尽きるかもしれませんね……。もう少し魔力を増やしたいところ……。

「もう少し頑張ってみますかね」

 レクスはユビネス大森林帯を更に進んでいく。



カサカサ……。カサカサ……。




 小さな木が大きく揺れる。そこから出てきたのは……。

「…………コボルト?」

 でも、コボルトにしてはでかいですし……。それに毛の色も少し違いますね……。

 通常のコボルトの毛並みは黒なのだが、このコボルトは毛並みが少し青みがかっていた。

「『見る』!」

 レクスは『見る』を使い、コボルトのステータスを見る。




レインコボルト   Lv.14

HP   821/23452

MP   234/15609

攻撃力   11032

防御力   16207

素早さ   28414


スキル

脚力強化(中) 威圧(中) 突撃Lv.2 水魔法Lv.4





「ん…………? HPが……それに魔力も……!?」

 レクスはステータスを見て、レインコボルトのHPとMPが減っていることに気づく。レクスが改めてレインコボルトを見てみると、体の至る所に血が飛び散っていた。足も引きずっており、まともに動けるような状態ではなかった。

 レクスはそんなレインコボルトを見て、表情を曇らせた。

「グルウウゥゥ…………」

 弱々しそうにレクスを威嚇するレインコボルト。だが、威嚇するだけでレクスに攻撃は仕掛てこない。最後の抵抗というところだろう。

「うっ……」

 あと一撃入れればレインコボルトを倒すことが出来る。そうすればレクスのステータスは上がるのだ。そう、上がるのだがーーー。

「『回復』」

 レクスはレインコボルトに対して、『回復』を使用。レインコボルトの傷、HP、MP全てを回復させた。自分が襲われる可能性があるにも関わらず。放っておけない、ただそれだけの理由で。

「ーーーー!?」

 レインコボルトは自分の体が突如淡い光に包まれ、回復した事に驚いた様子だった。

 レクスはその間も警戒を緩めない。襲ってくる可能性だって十分にある。油断はーーー。

「グルウゥ♪」

 レインコボルトは嬉しそうに鳴くと、そのままレクスの足元にすり寄ってきた。どうやら、警戒する必要もなかったようだ。

 レクスが頭を撫でてやると、再び嬉しそうに鳴き声をあげた。レクスはその姿に思わずほっこりしてしまう。




◇レインコボルトを『従わせ』ますか? はい/いいえ




 レクスの目の前に画面が現れた。

「…………そう言えば、いつも母さんに言われて手伝ってましたね……家の掃除とか」

 レクスは画面に表示された言葉を見て、そんなことを呟く。

 あの頃はこんな事になるとは思わなかったですけどね…………。

「……っと。いつまでも過去を引きずっていてはいけませんね」

 レクスは「はい」を選択する。すると…………。




◇レインコボルトを仲間にしたため、次のスキルが追加されました

『脚力強化(中)(0/10)』『威圧(中)(0/10)』『突撃(2/10)』『水魔法(4/5)』





「……遂に、念願の魔法が……!」

 レクスは初めて魔法を習得した事に歓喜の声をあげる。他にも色々なスキルを習得しており、レクスは後で試してみようと決めた。

「……一旦、街に戻りましょうかね」

 時刻ももう昼過ぎ。そろそろお腹が空いてくる頃だ。

 レクスはそう呟くと、街の方に向かって歩みを進めた。


 

「スキル『日常動作』は最強です~ゴミスキルだと思ったら、実は超万能スキルでした~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く