スキル『日常動作』は最強です~ゴミスキルだと思ったら、実は超万能スキルでした~

Mei

トゥオノ商会

「ここがトゥオノ商会の奴隷市場……」

 レクスは目の前の建物を見て呟く。一見すると奴隷を売っている建物には見えないがーー。

「いらっしゃい」

 レクスがその建物を眺めていると、奥の方から筋骨隆々の身長の高い、肌も少し黒く焦げたような男性が現れた。

「すいません、ここで奴隷を売っているのでしょうか?」

「……ちっ。ガキかよ。ああ、ここは奴隷を売っている場所だ」

 用が無いんならとっとと帰りな、こっちだって遊びで商売してる訳じゃないんだ、と言いながらシッシと虫を払うような手つきでレクスを追い返そうとする。

「いえ、確認したいことがあってこちらに来ました」

「……なんだ?」

 レクスの言葉にぞんざいに返す男性。

「ここに、銀髪で黒い瞳の僕より少し背の高い少女はいませんか?」

 レクスがそう言うと、男性は顎に手を当てて思案する。暫くして思い至ったのか。

「…………ああ、昨日強制送還されてきた奴か。何故お前がそれを……」

「昨日、魔物に襲われているのを偶然通りかかったので助けたんですよ」

「……そうか。で、その子に何の用だ?」

「値段の方を見せて欲しいのですが」

 値段を知らなければお金を稼ごうにも何処まで稼げば良いのか分からない。その為にもその少女の値段が知りたいのだ。

「…………わかった。ちょっと待ってろ」

 そう言うと男性は店の奥へと引っ込んで行った。

(……見せてもらいたかったのですが……)

 レクスはそんなことを心の中でぼやく。

 暫くすると、先程の男性が戻ってくる。

「……先程お前が言ってた奴だが……値段は600万セルクだ」

 ろ、600万セルクゥ!? 結構高いじゃないですか!! うう……。今の僕じゃ到底届きません……。

「どうする? 買ってくか?」

 まあ、どうせお前みたいなガキじゃ無理だろうけどな、と鼻を鳴らしながら言う男性。

「いえ……今日は確認に来ただけなので……」

 レクスはありがとうございました、と軽く会釈してその場を去って行く。

「はあ…………。前途多難ですね」

 レクスは溜め息をつきながら、これからの生活に不安を覚えた。



◇◆◇◆◇



「どの宿も駄目ですね……」

 辺りもすっかり日が落ち、人通りも少なくなってくる。近くの酒場からは愉快な笑い声が聞こえてくる。レクスはそれを少し羨ましく思いつつも、安価な宿を探していた。

 レクスが入った最初の宿は設備もそこそこ良いところであり、泊まるには打ってつけだったのだが……。

「うちに泊まっていくのかい? 一泊2万セルクだよ」

 宿主のお婆さんの言葉を聞いた瞬間、いえ! 結構ですうぅぅぅ!! と急いで宿から出ていった。その後も色々回ったのだが…………。

「一泊二万三千セルクだ」

「一泊二万五千セルクです」

 結果は散々。寧ろ、宿を回る旅に値段が上がり、このまま宿を探し続けても安い宿は見つからないように思えた。となると……。

「野宿、ですか……」

 街の中で野宿。これしかない。門の付近には見張りの衛兵がいるため、外での野宿も不可能。外に出られれば前回のように何処かに家を作れば解決したのだが、今回は街の中のため、それは出来ない。

「何処か落ち着ける場所はないですかね……」

 レクスは落ち着ける場所を探す。取り敢えず細道を抜け、路地裏に行く。

 暫く路地裏で落ち着ける場所を探していると、丁度夜を越すのに良さそうな場所を見つけた。

「取り敢えずここにしますかね」

 レクスは背中を壁に預けるようにして腰を下ろす。

「……痛っ」

 レクスは思いの外壁が固かったことで、背中に軽い衝撃を受けた。

(…………もう少し安全が確保できないと眠れそうもありません)

 レクスが心の中でそう呟くと。



◇『作る』を使用しますか? はい/いいえ



 
 レクスの目の前に画面が現れた。

(…………何か思考が読み取ってませんか? この画面)

 レクスはそう思いながらも、心許ない安全を確保したい、と「はい」を選択する。




◇『作る』ものを一つ選択してください

障壁

頑丈な障壁

絶対不可侵の障壁




(…………何か名前的に凄いですね……絶対不可侵の障壁って)

 レクスは何とも凄そうなネーミングに感嘆の息を漏らす。

(……これは絶対不可侵の障壁一択ですね)

 レクスは迷わず絶対不可侵の障壁を選択する。すると。

「うわっ!? 何ですかこれは……?」

 レクスの周囲を何やら透明なものが覆った。どうやらこれが障壁のようだ

(何かまだ心許ない気がしますが……名前的に問題なさそうだと思いたいですね……)

 レクスは急激に襲ってきた眠気に身を任せ、眠りについたのだった。




「スキル『日常動作』は最強です~ゴミスキルだと思ったら、実は超万能スキルでした~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ナナシ

    パパ
    持ち運び不可じゃない?

    1
  • パパ7年生

    一戸建ての家は?

    0
コメントを書く