神様の手違いで異世界クラス転移~この世界はめちゃくちゃだ!~

BLACKArcher

2話 いざ、王城へ!

1度ハヤテ達は国に帰り、急いで王と話をして馬車の手配をしてきたようだった。帰ってきたハヤテ達は休まなかったのかバテバテだった。だがハヤテは                                         「王様があなた達のことをお待ちだ。」
といった。
勇気達クラスメートは言われるままに手配された馬車に乗り国へ目指して行った。



少しして草原を見ていると見たことの無いモンスターや異世界定番のスライムなどのモンスターがちらほら見えた。この光景にテンションが上がっていると、直也が苦笑しながら俺と同じ考えを言ってきた。だよな!と言い、俺と直也は2人で異世界について話し合った。


しばらくすると、国の関所らしきところについた。なんでも基本はここは身分を証明出来るようなもの、つまりギルドカードや誰かからの証明(王族や貴族が主)、ソウルカードが必要になるらしい。今の僕達はそんなもの持っていないのでどうしようもないがギルドカードは冒険者になるなら最初はタダで貰えるらしい。だが無くしたりしたらお金を払わないと行けないらしい。ソウルカードは基本誰でも持っているらしい。持っていないのは孤児とか奴隷なのだそうだ。っと、説明はこの辺で今はハヤテがいるのでフリーで入れた。だが馬車はここまでなのであとは歩いていくことになった。少し歩くと、街みたいなところに行き着き、大分賑わっていた。鍛冶屋らしき所や武器屋、果物の屋台など色々なお店
や出店があった。ただ気になったのはここの言葉は喋る言葉は通じるが書いてある言葉はさっぱりなのだ。これは勉強しないといけないな。と俺は思った。あとはここのお金の単位だろう。ハヤテに聞いてみようとすると勇気から先にその事を言われた。
    「すみませんがここのお金の単位とか価値はどんな感じなんですか?」と聞いた。
するとハヤテは驚いた顔をしてそう言えばこいつら異世界人とか言ってたな。とかぶつぶつ言ったあと、
「あぁ、それならここの金の単位はリギンで1リギンで銅貨1枚、銅貨100枚で1銀貨、100銀貨で1金貨、100金貨で1白金貨だ。この世界で生きるなら大事なことだ。覚えておけ。」と言われた。
なるほどと思いながらあたりを見ると、みんな同じようなことが聞きたかったらしくみんな頷いている。勇気は教えていただきありがとうございます。と言いながら爽やか笑顔をして頭を下げた。ハヤテは別に構わん。と言って少し歩く速度を上げた。


そして15分くらい歩くと王城の前に着いた。ハヤテは門番の人たちと何か話している
とこちらに戻ってきた。
「この先には王様がいらっしゃる。くれぐれも失礼のないように。」
そういい僕らはハヤテに連れられ王城に入り、少し進むと王の間があり、そこに入って行った。







皆さん読んで下さりありがとうございます。少しほかのクラスのみんなも出したり朱里や直也の出番を増やしたいですねー。次回もよろしくお願いします。

「神様の手違いで異世界クラス転移~この世界はめちゃくちゃだ!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く