パーティーを追い出された不遇職の幻術士、ユニークスキル【実体化】を得たので無双します

結月楓

第十話 幻術士は死霊術を知る

 案内された家は、天井が高い作りになっていた。

 巨大人形でも生活ができるように、設計されているのだろう。

 テーブルを取り囲み、まずは俺が引き連れていたモンスター軍団――【実体化】のことを説明した。

「がっはっは! 【幻術士】がそんなすげぇ能力を手に入れるなんて、痛快な話じゃねぇか」

 不気味な表情でケタケタと笑う巨大人形。

「【幻術士】だからって差別しないんですね?」

「差別だって? 馬鹿言ってんじゃねえよ。差別されるってんなら俺達ハーフエルフも負けてねぇ。お互い差別されてる者同士、仲良くやろうや」

「……ハーフエルフ?」

 ヒュンメルのステータス鑑定した時を思い出す。

 確かにヒュンメルはハーフエルフだった。

 だが、今喋っている人形は、どこからどう見ても人形で、ハーフエルフには見えない。

 巨大人形は関節をギシギシ言わせながら、頭を掻いて、

「人形が何言ってんだって顔してやがんな。いいだろう、説明してやる。お前、最初に俺を見た時、この人形がカプリオなのかって聞いたよな?」

「……はい、聞きました。信じられる事ではなかったので」

 リィルの話によると、カプリオは百五十年前に王国に反乱を起こし、失敗した。

 普通に考えると、鎮圧された乱の首謀者が生き残っているとは思えない。

 それが、ましてや人形だなんて。

「その問いにはな、はいそうですとしか言えんのよ。実は俺はな、王国に反乱を起こした時に、スフォルツァの野郎にいっぺん殺されてるの」

 なおのこと話が見えなくなる。

 殺されているのなら、この目の前にいる自称カプリオは一体何なのか。

「まだわからんか? 結論を言うぞ。俺は元々ハーフエルフで、殺されたときに人形に転生したってことだよ」

「――人形に転生!? そんなことができるんですか!?」

「……普通はできねぇよ。だがな、俺の仲間には超一流の【死霊術師ネクロマンサー】、リヨンって奴が居たんだ」

 【死霊術師ネクロマンサー】、聞いたことはある。

 死者の魂を操る『戦闘職』で、霊魂を死体に強制的に戻し、アンデッドとして使役するとされている。

 かなり希少レアな職業なので、実際にお目にかかったことはないが。

「【死霊術師ネクロマンサー】ってのは、普通は死体に魂を戻すんだよ。だが、スフォルツァの火尖槍オグルマっちゅう燃え盛る聖槍せいそうに貫かれた俺の死体は、炭になっちまったんだ。そこでリヨンは、死霊術を応用して、俺の使ってた戦闘人形ゴーレムに霊魂を戻すという離れ業をやってのけた。……それで今の俺がいるっていう訳だ」

「えっ!? てことは今目の前にいるのが、戦闘人形ゴーレムってことなんですか!?」

 そういえばステータス鑑定をしていなかったことを思い出し、カプリオに対して使ってみる。


 種族:人形
 名前:ルイス=カプリオ
 性別:-
 レベル:-
 HP:10000
 MP:10000
 攻撃:10000
 防御:10000
 魔力:10000
 敏捷:10000


 おー、凄い。確かにサイクロプスより強い。

 あの老エルフが言っていたことは間違ってなかったのか。

「ところでカプリオさん、ご子息がいますよね? 俺はその方からこの町の存在を教えられたのですが」

「俺の子供か? 昔は俺もヤンチャだったからな、たくさんの女と遊んださ。だから子供もそこら中にいるんじゃねぇか?」

 うわぁ、この人最低だ……。

 それにしても困ったものだ、リィルのために戦闘人形ゴーレムが欲しかったけど、人格が入ってるのでは、くださいとも言えなくなってしまった。

「一応聞きますけど、戦闘人形ゴーレムってそれ一つだけですか? 俺達は戦闘人形ゴーレムを手に入れるためにこの島に来たんですけど」

「残念ながらここにあるのは、この俺だけだ。地上にも一個残ってるとは思うが……」

 そこまで言ってカプリオは言葉を濁した。

「なにか問題でもあるんですか……?」

「ああ、もう一個の戦闘人形ゴーレムは、反乱の最中に王国に鹵獲ろかくされちまってな。もう俺達の管轄ではないのさ。……おそらく王都に保管されているとは思うが、手に入れるのは難しいんじゃねぇかな?」

「そうですか、残念です。はぁ……ここまで来たのも無駄だったかぁ」

「――っ」

 俺の嘆息に合わせるように、横で聞いているリィルが声を漏らす。

「そこの嬢ちゃんが【人形師】なのか?」

「……うん」

 リィルの短い返事。

「そう残念がるな。気休めにしかならないかもしれんが、極小戦闘人形ミニパペットをやるからよ」

 カプリオは部屋の隅にある棚から、ミニパペットをわしっと十個程掴み取り、リィルの前に置いた。

「ありがとう。全部くれるの……?」

「全部やるよ。極小戦闘人形ミニパペットならたくさんあるからな」

 リィルは前に置いてある人形を全部操って、カプリオに向けて礼をさせた。

「がははっ、器用な嬢ちゃんだな。将来俺みたいなビッグな【人形師】目指して頑張れよ。……ところで【幻術士】よ。今日はこの島に泊ってくよな?」

「そうですね。そろそろ日が沈む時間ですし、そうしようと思います」

 カプリオはそれを聞くと、大きな手を動かして俺の背中をぽんっとっ叩いた。

「よしっ! 久々のお客人だ。今夜は島を上げて盛大に歓迎してやるよ」

「パーティーを追い出された不遇職の幻術士、ユニークスキル【実体化】を得たので無双します」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く