話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

みかんのきもち

名前はまだない

6.5 七尾と千愛2(サブエピソード)

 昼休みの教室で、千愛ちあいがキャピキャピした数人の女子にからまれている。うちの真横まよこで。
 まあ、珍しい事じゃないので驚きもしないんだけど、さっきからチラチラと助けを求める様な視線をこちらに送ってきている。

千愛ちあいちゃんのお弁当ちっちゃーい! お腹空かないのー?」
「……うん」
「口もちっちゃいもんねー。かわいいー」
「そんなこと……ない」
「そう言えば千愛ちあいちゃんってどの辺に住んでるのー? 」
「……ないしょ」
「えー! めっちゃ気になるー!!」

 うつむき気味でお弁当のおかずをパクパクと口に運ぶ千愛ちあいの表情はやや固い。

 ……まつ毛長い、めっちゃ可愛い。

 引っ込み思案じあん千愛ちあいでなくとも、あんな風にキラキラした女子高生に囲まれて質問責めに合えば、大抵の人はたじろぐだろう。

 ……困った顔も可愛い。やばい抱きしめたい。

「てか千愛ちあいちゃんって色白だよねー! 日焼け止めとか何使ってるのー?」
「化粧とかしてないのー?」
「あ……えっと……」

 そんな矢継やつばやに質問されても答えられないって。まったく、おしゃべりな人達だ。
 千愛ちあいもたぶん迷惑してる。ただ、いつも意地悪されてるから、困ってる千愛ちあいを横目に、素知そしらぬ顔でうちもお弁当を口に頬張る。いつもの仕返しというわけだ。

「肌もすっごい綺麗だよね! 触ってもいいー?!」

 ガタッ!!

「わ! び、びっくりした。五六ふのぼりさん、急にどうしたの?」

 唐突とうとつに、椅子が倒れんばかりの勢いで立ち上がったうちの顔をみんな不思議そうな顔で見ている。

「あ、いやー、なんだろうね。なんか足りそうになっちゃって」
「そ、そうなんだ。大丈夫?」
「ごめんごめん。もう大丈夫」

 我ながら訳わからないと思うけど、なんとか話題をらす事に成功した。
 千愛ちあいもやっと解放されたと言わんばかりに安堵あんどの表情を浮かべている。

 キーンコーンカーンコーン

「あ、やばっ!次移動教室じゃない?! 準備してないー!」
「私もー!急げー!」

 そんなやりとりをしながらドタバタと去っていく彼女たちを見送り、「はぁ……」とため息をつきながら再び席に着く。

七尾ななお……ありがとう」
「ん、別に……」
「……? 七尾ななお、おこってる?」
「え? なんでうちが怒るの?」
「……」
「別に怒ってないって」
「やっぱり……おこってる」

 力なく答えるうちの袖口そでぐちをキュッと掴んだまま立ち上がる千愛ちあいに引っ張られる形で腰を浮かせる。
 そのまま無言で歩を進める千愛ちあい。移動教室とは逆方向だ。

千愛ちあい、どこ行くの?」
「……」

 階段をどんどんのぼっていく途中で、うちにも目的地の見当けんとうがついた。

 最後の一段を越えてたどり着いた先にあるのは、ドアとそれに付いているシルバーのダイアル式の鍵。
 カチカチと数字を合わせる千愛ちあいの背中を見ながら、なんで番号知ってるの? って聞きたくなったけど、寸前すんぜんで言葉を飲み込んだ。

 ガチャンっと重厚な音を立てながら解除されたロック。
 ドアを開けて外へ出て行く千愛ちあいに続く。

 屋上って初めて来たけど、意外と風が強いなとか、日差しが強いなとか考えているうちに、千愛ちあいは申し訳程度に存在する日陰ひかげに入り、ぽんぽんと地べたをたたいている。

 「はいはい」と返事をしながら、言われるがままに腰を下ろす。
 すると千愛ちあいはうちの右足と左足の間に、うちに背を向ける形で三角座りをした。

 手を伸ばせばすぐに後ろから抱きしめられる距離。例えるなら……うちがピンク色のカーディガンで千愛ちあいがプロデューサーみたいな位置関係だ。

 座ったはいいものの、やや重めの沈黙ちんもくがその場を支配する。
 なかば無理やり連れてきておいて、何も喋らないとはどういう了見りょうけんだこんちくしょう。
 うちは決めた。千愛ちあいが話すまで、一言も喋らないと。

「……」
「……」

 ……暑い。日陰ひがけにいるとはいえ周囲の雰囲気温度は高い。
 千愛ちあいの肌はいつも冷たくて気持ちいいんだよなあ。
 さわりたい……な。

 どれくらいの時間が経っただろう。千愛ちあいはうちに背を向けたまま何も話さない。空を見上げ、雲がゆっくり流れていくのをぼーっと見ている。
 うちと千愛ちあいの流れる時間の速さは違うのかな? 我慢の限界と言わんばかりに、千愛ちあいほほにそっと手を伸ばす。

七尾ななお

 ……いやいやいや、このタイミング、絶対わざとやってるでしょ。我慢比べはうちの負けってことか……

「なに?」
「なんでおこってるのか教えて」
「いや、怒ってるっていうか……千愛ちあいに……あの子たち……」
「あの子たち?」
さわろうとするから……」

 そう言った瞬間、背を向けていた千愛ちあいがこちらに振り返る。

「な、なに?」
「さわられるの、イヤだったんだ?」

 ニンマリと笑う千愛ちあいの顔を見て全てをさとった。全部わかっててやってるよ、この子。

「それは、まぁ……うん」
七尾ななおはやっぱりかわいいね」

 千愛ちあいにはかなわない。さっきまで凄くもやっとした気分になっていたのに、その一言だけで飛び跳ねたいくらいに心がはずむ。その気持ちを表に出さないようにするだけで精一杯せいいっぱいだ。

「どくせんよく?」
「そう……なのかな? よくわかんない」

 これは嘘。誰が聞いてもバレバレ。まぎれもなく独占欲どくせんよくだ。
 千愛ちあいを独り占めしたい。誰にもれられたくない。うちだけにれてほしい。
 なんてあさましいんだろう。言いたいことは割とすぐ口に出してしまう性格だと自分でも思っていたんだけど、千愛ちあいの前だとどうにも素直になれない。
 こんなみにくい心の中を、千愛ちあいにだけは見せたくない。

「あのさ、千愛ちあいはうちが他の人にさわられても平気?」
七尾ななおは私だけのもの。だれにもさわらせない」
「えっ……」
七尾ななおにふれていいのは……私だけ」

 胸のあたりに感じる千愛ちあいの呼吸。さっきよりずっと距離が近い。
 小さな体でぎゅっと力強く抱きしめられる。
 負けじとこちらも抱き返す。

七尾ななお、キスしたい?」
「……したい」
「したいんだ」
「うん」
「どうしようかな」
「意地悪しないで……んっ」

 まだ喋ってる途中なのに。うちの口は千愛ちあいの柔らかい唇で塞がれてしまった。

七尾ななお、いじわるしてほしくないの?」
「えっ? な、なに言ってるの?」
「いじめてほしいんでしょ?」
「そんなこと……あっ」

 もう一度キスをした後、首筋に千愛ちあいの唇がれる。
 軽く吸ったり、チロチロと舐めたり……全身がゾワゾワする。

「あっ……ちょっと、千愛ちあい……待って……」
「いじめてくださいって、いわなきゃ……ね?」
「ぅ……ん」
「うん?」
「……ぃじ……てく……さい」
「なに? きこえないよ」
「い、いじめてください……」

 クスりと笑った後、「いいよ」と言いながらうちの頭をでる千愛ちあいの目は、いつもと同じ三日月の様になっている。

「みかんのきもち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く