話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

みかんのきもち

名前はまだない

4.その手に掴むものは何?

 初めての高橋たかはしさんとのお昼ご飯は、特別なにか印象に残る事は無かった。
 居心地いごこちが悪いとまでは言わないけど、それほど親しくない相手との食事は若干じゃっかんの気まずさをともなう。
 修斗しゅうとがペラペラと喋ってくれるから助かるんだけど、仮に高橋たかはしさんと二人きりで……と考えると、正直ちょっとキツイかも。

 そんな事を考えながら、自室じしつのベッドに横たわる。
 ベットに寝転んだ瞬間が一番幸せだ。電気を消して目をつぶれば、社会の喧騒けんそうから切り離された様な感覚におちいる。
 薄目を開けて、真っ暗な天井に向かって手を伸ばす。何かがそこにある訳では無いし、格好をつけたい訳でもない。
 いつからか分からないけど、眠りにつく前にそうする事が日課になっていたりする。
 特に深い意味はない。と、思う。

「今日も一日平和だった」

 そうつぶやいて、薄く開けた目を再び閉じる。

 それからどれくらい時間が経っただろう。
 何度か寝返りをうち、むくっと身体を起こす。

「寝れない」

 ぽりぽりと頭をかきながら壁にもたれ掛かる。
 そのまま何もせず、ぽけーっと時を過ごす。

 気まぐれ。きっかけは何だったの? と、聞かれれば、眠れなかったからと答える程度ていどの。
 充電中のスマホをケーブルから抜き、メッセージアプリを起動する。
 返信するつもりは無かったんだけど、高橋たかはしさんから社交辞令しゃこうじれいじみたメッセージが届いたのは忘れていない。

美柑みかん高橋たかはしさん、まだ起きてるー? 気にしなくていいよ。また気が向いたらうちのクラスにおいでよ]

 既読きどくは、つかないか。流石さすがにもう寝たかな。そう思ってスマホを元の位置に戻し掛けた時、メッセージの着信を知らせる音がなる。

高橋たかはし[まだ起きています。本当ですか? 有難う御座います。でも、お邪魔にならないでしょうか?]

美柑みかん修斗しゅうとがそんなの気にすると思う?笑 ところでこんな時間まで何してたの?]

高橋たかはし[それは確かに無さそうですね。今は読書を軽くしています]

 マジか。こんな時間まで読書か。まあ、勉強の一貫なんだろうな。進学組しんがくぐみは大変だな……私にはとても真似まね出来ないよ。
 そして読書に軽くとか、重くとかがある事をこの時始めて知った。
 勉強かあ。二年生とはいえ、やっぱりこのくらいの時期になると受験や進路を意識しないことは無い。
 勉強をやらなきゃいけないと強く思えば思うほど、身体が机から遠ざかってしまうこの現象に誰か名前を付けてくれませんかね?

美柑みかん[そうなんだ! それは邪魔じゃましちゃったね。頑張ってね]

高橋たかはし[いえ。そろそろ休憩しようと思っていたところなので。日比谷ひびやさんは何かしているのですか?]

 おっ。そうきたか。何もしていなかったと言えば、何故返信がこんなに遅くなったのかと思うだろうし、かと言って今は夜の11時過ぎ。
 こんな時間まで用事ようじ……は高校生には少し無理があるかな。

美柑みかん[お風呂で寝落ちねおしてたー笑]

 うん。無難ぶなんだ。問題ない。

高橋たかはし[そうなんですね。湯冷めゆざして、風邪をひかないように気を付けてくださいね]

 ……ごめんなさい。ちょっぴり罪悪感ざいあくかん

美柑みかん[うん。ありがとー。それじゃあ、本当に邪魔じゃまをしても悪いし、そろそろ私は寝るね]

高橋たかはし[私も今日は寝ることにします。その前に一つだけいいですか?]

美柑みかん[なーに?]

高橋たかはし[本当に嫌でなければ、なんですけど、明日もお昼ご飯、ご一緒いっしょさせて頂けませんか?]

 ははは。本当にお堅いかたなあ。メタルスライムか! と、ツッコミを入れても良いかな? いや、メタルスライムに物理攻撃ぶつりこうげきは効果的ではないか。

美柑みかん[それは全然ぜんぜんいいよ! ただし、もっとくだけた口調くちょうで話すこと!笑]

高橋たかはし[……善処ぜんしょします。それではまた明日。お休みなさい]

 いやいや、全く善処ぜんしょされていないよ。むしろ余計にかたくなったよ! かたくなな子だなあ。
 まあ、いいか。人はそう簡単に変われるものでもないし、昨日今日きのうきょう出会ったばかりの人に、何か言われて変わるくらいの人間性なら、最初はなから無いにひとしい。
 そんな物は……いらない。

 さてと、そろそろ本当に寝ないと明日、寝坊してしまいそうだ。
 再びベットに体をよこたえて、真っ暗な天井に向かって右手を伸ばす。

「あ……眠れそうな気がする」

 そうつぶやいて、目をそっとつぶる。
 何故なぜか理由は分からないけど、いつもより心地良ここちよく、深い眠りにつけた気がした。

「みかんのきもち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く