話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ボクの彼女は頭がおかしい。

来世ピッチャー

後日談③


【上級生編】
明くる日。

再び三年生に呼び出された。苦い記憶がよみがえる。
なす術も無くただただボコボコにされたあの忌まわしい経験。

だけど、と僕は思う。あの時の僕と今の僕じゃ一味も二味も違う。

髪を切ったし、猫背をやめようとしてるし、すぐ難しい表情を作る癖だって……
そういう話じゃないか。

「わたしもついていくね」と、五月が言ってくれた。

「ありがとう。でも、一人で行くよ」
しかし断る。

「これは僕の戦いだから」

よし、キマッた。




三年生の階。呼び出された教室の前。

扉を開く前に、戦闘準備を整える。
壮絶な罵倒にも耐え――

「何やってるの。ほら、早く行こうよ」
五月が大胆にドアを開放した。

なぜ君がここにいるのですか、という僕の疑問は放置されたまま、彼女に手を引かれ中に入る。

さぁくるぞ、大量の精神攻撃が。思わず拳をギュッと握り締める。

「おめでとー!!」
「やったじゃん!」
「安心したよ!」
「マジで良かった!」

ところが、教室内の光景は僕の予想とははるかに異なるものだった。
前回訪れた時とは雰囲気が180度違っている。

あれ、どうなってるんだ。
僕もずいぶん驚いているけれど、それは隣にいる五月も同じらしかった。

「この間はバカどもがヒドいこと言っちゃったらしくて、本当にごめんね」

大勢いる三年生のうちの一人、リーダー格の女性(あ、人気投票で三位だった人だ)、
つまり三年生のマドンナ――が僕に向かって言った。

「あ、いや、え?」
緊張してしまって上手く言葉が出ない。

初対面で、年上で、しかも綺麗な女の人と全く動揺せずに話すためには、きっと莫大な量の自信と経験が必要だろう。
なんとなくそう思った。

「君、可愛いね」
そんな僕を見て笑っている先輩。

ますます顔を赤くする僕。

不機嫌になる五月。「先輩、早瀬くんをからかうのはやめてください」

「ごめんごめん」
先輩が五月に近づき、素早い動作で五月の頭を抱きこむ。

「うわっ」
「相変わらず可愛いねぇ五月は!」
ニコニコしながら五月の髪をぐしゃぐしゃになでる先輩。

…豪快な人だ。

「あ、それで早瀬くん。わざわざ君にここまで来てもらったのはね、この間のことを謝りたかったっていうのと、それから、みんな君たちの事応援してるよって言いたかったからなの」

なおも五月をわしゃわしゃしてる先輩。
正直、話の内容よりもそっちのほうが気になる。
五月をここまで押さえ込める人がこの学校にいたなんて。

「早瀬くんのこと悪く言ってる奴らは少数派で、ほとんどの三年生は君の味方だから。もちろん私も含めてね」

なんかウインクされてしまった。
けっこう迫りくるものがあった。ごめん五月。

「ありがとうございます」それだけ言うのが精一杯。

「もっと自分に自信持つといいよ。実は早瀬くん三年生の間で、あ、特に女子なんだけど、かなり好評なんだから」

え、ほんとですか?ちょっとニヤけてしまう。
…うん、アレか。意外と年上にはモテるのかも。
(実際は全然モテてません。この時はなんか勘違いしちゃってました。本当にごめんなさい)

「あぁもう先輩!早瀬くんには手出さないでください」

なんとか先輩の腕から脱出したらしい五月。
頬が紅潮していて、しかも目が若干潤んでいる。可愛い。

「どうしよっかなー」
先輩は不気味にニヤニヤしている。

いやいやもうあなたのお茶目っぷりは十分分かったのでお願いですからこれ以上五月を興奮させないでください。

どうしよっかなーじゃなくて出すわけないでしょぐらい言ってください。

「私、早瀬くんみたいなタイプけっこう――」

「大好きだよ五月!」
僕は先輩の言葉をさえぎって、とにかく叫んだ。

これ以上五月にやきもちを妬かせるわけにはいかない。
家に帰ってから大変なことになってしまう。
ここで詳しく書くことはできないけど、それはもう悲惨なことに…。

で、それを防ぐことが出来れば何でも良かったわけだけれど、どうしてあんなにも恥ずかしい言葉が出てきたのだろう?

「ん、満足!」と、笑顔で抱きついてくる五月。

…まぁ、結果オーライみたいですね。

「うわお、アツいね」と、先輩は笑った。

五月の頭をなでながらあたりを見回す。
うん。
どの三年生も、『何か微笑ましいものを見るときの目』をしている。
…複雑な気分です。

「何かあったらいつでも頼ってね」と、先輩は言った。

「ありがとうございます。先輩、受験頑張ってください」
お礼を言う僕。

当然だ。
三年生に良く思われてないっていうのが最大の悩みでもあったからね。
先輩のおかげでだいぶ救われた気がする。
ちょっと変わってるけど、なんだかんだ相当に良い人だ。

「君たちも子作り頑張ってね。あ、まだ早いか」

訂正。この先輩ただの変態だわ。

そして突然、「すでに頑張ってます!」と笑顔で答えるもっと変態の五月。

あはは。

さすがですね五月さん。

もう、お見事ですよほんとに。






週末にでも出家します。

「ボクの彼女は頭がおかしい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く