ボクの彼女は頭がおかしい。

来世ピッチャー

11月8日


月曜日。

昼休み。

インテリぶった態度という頼りない鎧を身につけ五月に会いに行くと、そこには楽しそうに笑っている彼女がいた。

校内で人気のあるモテ男くん(カッコよくて、しかも性格まで良いという噂)とお喋りをしている。

いや、彼だけじゃない。

五月は大勢の男女に囲まれ、輪の中心となっていた。

その光景が、僕にはものすごく輝いて見えた。

僕なんかには縁のない、豪勢で華やかな世界。

活き活きとした彼女を目の前にして、一歩も動けない僕。

固かったはずの決意がいとも簡単に揺らぎ始める。

遅すぎたのだろうか…

もしかすると彼女の中では、すでに――


そこから先は考えることすら恐ろしかった。

フラれる可能性があることぐらいきっちりと理解して、昨日のうちに心の準備は済ませて置いたはずなのに。

いざそれが実現しようとすると、計画だとか準備だとかそういったものは一切の意味を持たないらしい。


『見つかる前に消えてしまおう』

僕の中に巣食う臆病心が囁く。

異論はない。

できない。


そして僕は下水の溢れる地下の国へと再び戻っていった。

たまらなく惨めだった。









放課後になった。


さて、どうしよう。

玉砕覚悟でもう一度会いに行ってみるか、それとも自分の中だけで物語を完結させてしまうか…。

「お前、早瀬か?」

一人考え込んでいると、知らない誰かに呼びとめられた。

「はい。僕が早瀬です」

「ちょっと来い」

訳の分からぬままに引っ張られる。

相手がごっつい男なのでちっとも嬉しくない。





やがて到着した。
三年生の教室に。


「お前、五月ちゃん泣かせたらしいな」

僕を待ち構えていた大勢の三年生の中の一人が言った。

目が本気すぎて怖い。

「ごめんなさい」

とりあえず謝る。

ってか五月泣いたんですか?

いつですか?

今日の昼休みはあんなに楽しそうにしてたじゃないですか。


「やっぱさ、お前には最初から無理だったんじゃないの?」と、三年生は言った。


「もっと他に良い相手がいると思うよ。お前にとっても、五月ちゃんにとっても」


「オレらから言わせると、よく一年以上もったなーって感じ。この辺が潮時なのかもね」


「はっきり言うと、お前は五月ちゃんの足手まといだ」


「うん、オレもそう思う。君と五月ちゃんは釣り合ってない」




意味も分からぬまま追い討ちをかけられた。(と言うより、完全にとどめを刺された。タイミングまで完璧だったからね)

文化祭以来絶えずその事を絶えず考えて続けていただけに、ダメージは予想以上に大きい。


僕と五月の間にある、根本的な問題。

彼女は全く気にしていないみたいだけど、周りの人たちにしてみると決して見過ごす事の出来ない大きな問題。


『身分格差』


今までこの問題を真剣に取り扱うことを避け、出来る限り笑いに変えようとしてきた。

全力で。

しかし三年生にここまで言われてしまうと……

そろそろ来るところまで来てしまっているらしい、という思いを抱かずにはいられない。


遊園地で五月に、『もう卑屈にならない』なんて偉そうに言ったけれど、結局僕はあの時から何一つ進歩しちゃいないんだ。

「ボクの彼女は頭がおかしい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く