話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ボクの彼女は頭がおかしい。

来世ピッチャー

11月4日

木曜日。

この日廊下で、五月を見かけた。


いつ見ても可愛くて綺麗だ。

一人だけまとっているオーラが違う。ほんと凄い。

僕とは住んでいる世界がまったく違う人なんだなと、ただ一目見ただけで改めて実感した。

そしてこれはどうでもいいことなのかもしれませんけど、黒タイツ最高ですね。

なんか大人の魅力って感じで上品さとエロさを――おっといけない今はシリアスパートだ。


楽しそうに友人らと喋りながら歩いている彼女。

その眩しすぎる笑顔が、僕にはどうしても強がっているようにしか見えなかった。





話はだいぶ変わって休み時間。

教室の隅で一人勉強に勤しんでいても、どこからともなく五月の噂が耳に入ってくる。

別に盗み聞きしてたわけじゃないんけど、はい。

とにかく聞いちゃったんですね。

それによると、連日「告白の嵐」らしいです。

ここ2、3日の間に五月さんは20人を超える男たちから告白されたらしいです。

その数はまだまだ積み上がっていくだろう、とのことです。


…はぁ。

「ボクの彼女は頭がおかしい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く