話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ボクの彼女は頭がおかしい。

来世ピッチャー

10月31日

日曜日。

五月からの折り返しの連絡が来る気配は微塵もない。
電話に出ない事すら稀なのに。


この日は夕方になってようやく時間が空いた。
さあ、きっちり謝りに行こう。

バイトが入っていたため、僕はコンビにから直接歩いて五月の家に向かった。

車のほとんど通らない住宅街を、暗くなり始めた周囲にまぎれるように歩く。
なんだか、寒い。

あ。そういえば明日から11月だ。
冬が近づいている。


しばらく歩くと、五月の家が見えてきた。

心拍数の上昇を感じる。

手も足もちょっと震えている気がする。

寒さばかりのせいではない。


玄関までもうあと数十メートルという時になって、突然、彼女の家から2つの人影が姿を現した。

反射的に電柱の背後に隠れる。
傍から見ればこの時の僕はなんとマヌケなことであっただろう。
しかし僕自身には、この行動はごく自然なことのように思われた。

目を凝らして2人の人物を見定める。

…ん?

黒い影の正体は、藤堂さんと牛くんだった。

藤堂さんはまぁ、五月と友達だから分かるとしても、牛くんはなぜですか?

解せぬ。

解せぬ解せぬ解せぬぅぅぅぅうう!
(普段の僕からは想像も出来ないほどの非クールな表現が今後も出てくるかもしれませんが、ただ五月がいなくて寂しいだけなので気にしないでください)



2人が見えなくなってから、五月の家の玄関に移動した。
震える指でそっとチャイムを押す。

「ピンポーン」という音が、家の中だけでなく外にまで響く。


しかしそれだけ。

彼女の家は静まり返ったままで、ただ一つの生気すら感じられない。

なぜ、どうして?

怒りの混じった焦りが噴出する。

つい先ほど藤堂さんと牛くんがこの家から出てきたばかりなのだ。

五月は間違いなく中にいる。
それなのに、何で…。


僕はもう一度チャイムを鳴らした。

しかし結果は変わらない。


「五月…」

思わず壁に向かってつぶやく。



僕の中の何かが、がたがた音を立てて崩れ落ちた瞬間だった。

「ボクの彼女は頭がおかしい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く