話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ボクの彼女は頭がおかしい。

来世ピッチャー

多忙を極める


恐ろしく忙しかったワンウィーク




月曜日。

朝、学校に着くと、校門で仙人くんが挨拶運動を一人で行っていた。
選挙に出る人が付けてるアレ、「たすき?」を掛けていた。
『彼女募集中』と達筆な字で書かれていた。
かわいそうに。

昼休み。
女王とその取巻き専用のランチプレイスに雫さんが招待されたということで、心配になり五月と見に行った。
なぜか女王が雫さんに、言葉遣いとか正しい姿勢を叩きこんでいた。
「何でこんなことしてるんですか?」って女王に聞いてみたら、「あたしの後継者はこの子にしようと思って」と言われた。
マジでやめろって思った。(思っただけ)

放課後。
大雪くんに、この一週間で一曲完成させるように言われた。
五月と僕のダブルボーカルで、簡単なやつでいいからお願いしますとのこと。
うん、作曲なんてやったことないのに。
バイト、疲れた。







火曜日。

朝、学校に着くと、昨日と同じように仙人くんが挨拶運動を行っていた。
たすきには『彼女できました』と書かれていた。
すげぇ。

昼休み。
五月とお寿司を食べるために学校を抜け出したら、ちょうどそこに先生も居てすごく怒られた。

放課後。
大量の反省文を書き、そのままバンド練習のためスタジオに直行。
バイト、なし。







水曜日。

朝、たすきには『文化祭でのライブ決定』と書かれていた。
そう、我々平成開化は、来週行われる高校の文化祭においてなんとまぁ全校生徒の前で演奏することになったのです。
だから一週間で一曲作らないといけないんです、まだ全然出来てません。

授業、休み時間、昼休み。
ひたすら曲の構想を練る。
めっちゃ難しい。

放課後。
バンドの練習に直行。
牛くんが遅れてきた。
女王となんかやってたらしい。
バイト、なし。







木曜日。

前田くん(五月に蹴り飛ばされて気持ちいいって叫んでたあの人)に遭遇して不愉快な思いをした。
何でも最近、五月にまとわりついているらしい。
女王に頼んで抹消してもらおうかと本気で考えたけど、ギリギリ踏みとどまった。
僕は純粋なままでいたい。

この日の出来事はそれぐらい。
とにかく忙しかった、の一言に集約させてもらいます。

あ、そう言えばこの日はバイトに行きました。
雫さんと同じシフト。
女王の指導のせいか、数日前よりもちょっとだけカッコよくなっていた雫さん。
バイト終わりに、女王が雫さんを迎えに来た。
「トップに君臨するにはそれ相応の知識、威厳、強さが必要なのよ」みたいなことを女王は言っていた。
「さ、さすがです」
雫さんは女王の言葉を一つ残らずメモに書きとめていた。
まぁ、女王の権力は校内において校長の次ぐらいに強いですからね。
そうとうな知識、威厳、強さが必要なんでしょうね。
…何で雫さんを後継者に選んだんですか。
(どう考えても不適任でしょう)







金曜日。

この日は月曜に行われる文化祭のため、授業は無しで準備のみ。

ちょっとだけ文化祭について説明しておくと、まず期間は二日間です。
一日目はステージ部門で、全校生徒が貸し切られた学校付近のホールに集められ、さまざまな出し物の鑑賞。
出し物の内容は、まず文化系の部活動(演劇部・吹奏楽部・ダンス部・アナウンス部など)の発表。
それから、出場希望者による発表。
(僕たち平成開化はこのときに出させてもらいます)
あとは、まぁ色々あるけどカットします。

二日目に行われるのが、場所を校内に移しての自由部門。
これはよくある文化祭のアレ、それぞれクラスごとに分かれて喫茶店やったり、焼き鳥屋さんやったり、まぁなんかそういうやつです。
大雑把に言うとこんな感じです。

この日の夜、作曲に苦戦する僕に五月が入浴剤をプレゼントしてくれた。
早速使ってみると、湯船が血の色に染まった。







土曜日、日曜日。

学校に出ました。
文化祭前の週末は強制登校ではないのですが、生徒の8割が準備に参加します。
そうでもしないと間に合わないからです。

で、僕たちバンドメンバーは、バンドの練習と各クラスの出店の準備に追われました。
ちなみに、ようやく曲が完成。
ピアノメインの簡単な曲。
完成できたのは、たぶん入浴剤のおかげです。

「ボクの彼女は頭がおかしい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く