話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ボクの彼女は頭がおかしい。

来世ピッチャー

バンド②



カラオケ対決の結果、罰ゲームを受けるのは五月、牛くん、雫さん、仙人くんの4人。

「負けちゃったね、五月」
彼女に声をかけた。

「わざとだよ」

ん……?
「わざと負けたの?」

「うん」

「どうして?」

「…早瀬くんにいっぱいイジめてもらいたいから?」

なぜに疑問系?
なぜに上目遣い?

「可愛すぎです」
思わず目をそらし、ボソッつぶやく。

「え、いま何て言ったの?」

「何も言ってません」

「うそつき、可愛いって言ったじゃん」

「バレてたか……って聞こえてたのなら聞き返さなくていいじゃないですか」

「えへへ」

とか何とか五月とイチャイチャしてたら、勝ち組による罰ゲームを決めるための会議が終わっていた。

「じゃあ発表します」

上品に微笑んでみせる小雪さん。

なんか怖い。

「仙人くん」

「はい」

「あなたの罰ゲームは、明日からの1週間、毎朝、校門前での挨拶運動です。大きな声で元気良く、登校してくる生徒一人一人にきちんと挨拶すること。いいですね?」

「…はい」
しぶしぶ了承する仙人くん。

あぁ可哀想。
小雪さん鬼すぎる。

(罰ゲームを決めたのは小雪さんと大雪くんと女王です。あ、このメンツ鬼だわ)

「次は雫ちゃん」

「はい!」

何でこんな嬉しそうに返事してるんだろうこの人。
今から罰ゲームの発表だっていうのに。

「雫ちゃんは、明日から1週間、藤堂さんの側近として働いてもらいます。学校を治めている藤堂さんの手となり足となり、みっちり修行を積んでください」

「はい!」

この罰ゲーム意味分かりません。
大丈夫なんですか?ねぇ?
僕には女王の陰謀だとしか思えないんですけど?

「次、牛ピーね」

ニヤニヤしながら大雪くんが言う。

「さっさと言えよ」

椅子にふんぞり返って足なんか組んじゃってる牛くん。
もし彼の性格を知らなかったなら、間違いなく惚れてるってぐらいカッコいいポーズ。

「牛ピーの罰ゲームは、携帯チェックです」

「は?」

「携帯。ほら、貸して。ロックは全部解除してね」

みるみる青ざめていくイケメンフェイス。
これまた過酷な罰ゲームですね。

携帯チェックの結果、いくつかの事実が判明した。

・待ち受けが自撮りのキメ顔。

・メアド,LINE登録している女性の総数が500人超え。

・facebook、twitter、インスタ、とりあえず友達数ヤバイ。で、入ってるグループが超ウケる。たとえば、『写メあり!美顔自慢サークル』とか『オレ流☆最強ヘアスタイル研究会☆(イケメン専用)』とか『元祖女殺し組~最低ノルマは毎月十人~』とか、そんなんばっかり。

その結果。

・女王がキレた
・女性のメアド99%削除
・SNS等全てアプリ削除ならびにアカウント削除

かわいそうに。


「はい、じゃあ最後は五月」

「さぁこい」
立ち上がってファイティングポーズを取る彼女。

「五月の罰ゲームは、これから1週間の間、誰にもノロケないこと。いい?」

「えぇ!?ちょっと待ってよ!そんなの無理に決まってるじゃん!」

いやいや無理じゃないでしょ。
どう考えたって楽勝じゃないですか。

「何でこの罰ゲームにしたの?」
大雪くんに尋ねてみた。

「早瀬くんは知らないかもしれないけど、毎日毎日惚気ばっかり聞かされてて実はこっちも大変なんだよね」

質問に答えたのは大雪くんではなく小雪さん。

「そうなんですか」

「そうなんです。だから一週間だけでも解放されたくて」

おふざけとかじゃなくて真剣な様子の小雪さん。

あぁ、五月。

あなたどんだけ惚気てるんですか。

(実はちょっと嬉しかったりもする)

「ボクの彼女は頭がおかしい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く