話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ボクの彼女は頭がおかしい。

来世ピッチャー

バンド①

「とりあえずカラオケ行っとく?」
「え、練習は?」
「今日はもういいや。遊ぼ」




そういうわけで来ましたカラオケ。
バンドメンバー全員で来ました。
五月、大雪くん、牛くん、仙人くん、僕という組み合わせです。

部屋に入るなり五月が歌いだす。
「手帳開くと~もう♪」

いやまだ音楽流れてないからね。

「はい、じゃ次は早瀬くん」

五月が大塚愛のさくらんぼを大音量で熱唱し終え、マイクを手渡してくる。

「どうも」

僕は立ち上がった。
全員の視線が僕に集まる。
歌うのは、スピッツの『スパイダー』

「可愛い君が好きなもの~」

「意外に、って言うと失礼だけど、上手い……」と、大雪くん。
「早瀬のくせに意味わかんねぇ」と、牛くん。
「ね?早瀬くん上手でしょ。声が高くて可愛いんだよね」と、五月。

どうだい君たち。
今まで隠していたけど歌唱力には少々の自信があるのだよ。
勝ち誇った表情をして歌い続ける僕。
あぁ、気持ちいい。
「だからもっと遠くまで君を~♪奪っt――」

いきなりBGMが止まった。
まだ途中なのに。

「なんで消しちゃったの?」と、これは大雪くんのセリフ。
五月への質問です。

「早瀬くんの番はね、聞く側が好きなタイミングで停止してもいいっていうルールがあるの」

「なるほどね」

あれ、大雪くん納得するの早くないですか。
うん。
この特別ルールが出来た時のことを説明するには、僕と五月が初めてカラオケに行ったあの日まで遡らないといけないんだけど、今日は時間もないので省略します。

次は大雪くんの番。
なるほど、島唄ですね。
声が太くて凄くマッチしてます、上手です。

その次に歌ったのは牛くん。
福山雅治?
バラード?
milk tea?
ふざけんな。
イケメンで歌も上手いとかふざけんな。

仙人くんはパスしました。
よって彼の力は未知数。







1時間後。

「そうだ、罰ゲーム有りで勝負しない?」
なんか五月が言い始めた。

「いいぜ!採点勝負だろ?」
「もちろん。あ、そうだ。どうせだからペア組んで勝負ってことにしよう」
「なるほどな。あ、でも人数はどうするんだよ」
「呼べばいいじゃん」

勝手に盛り上がってる五月と牛くん。

さらに1時間後。
メンバーが追加されました。

小雪さん、雫さん、女王。
え、なにこのオールスター。

「じゃ、男女でペア組んでもらいます!」
五月がこの場を仕切っている。

「結局のところ、今から何するの?」と、僕は大雪くんに尋ねた。

「カラオケの採点で勝負するんだって。男女でペア作って、点数の低かった2チームには罰ゲーム付きで」

「あぁ、ありがとう」

そういうことらしいです。
で、くじ引きの結果、ペアはこんな感じになりました。

エントリーナンバー1番、雫さん、牛くんペア。

エントリーナンバー2番、僕、女王ペア。

エントリーナンバー3番、小雪さん、大雪くんペア。

エントリーナンバー4番、五月、仙人くんペア。

「何を歌いますか?」
女王に恐る恐る尋ねる。

「あたしは何でも歌えるから、あなたに合わせてあげる」

ははぁ、有難きお言葉。
そんなこんなで作戦タイム終了。

まずは牛くんと雫さんペア。

って今気づいたけど、このペア…………あ、隣の女王様もそれに気がついたらしく表情がものすごいことになっていらっしゃいますね。

「笑ってください藤堂さん。空気が悪くなっちゃうんで…」

「分かってるわよ」

笑顔で返事をする女王。
なぜか小指を踏みつけられた。
痛い。

あ、曲が始まりました。
ゆずの『夏色』
まぁ今は冬になりかけの秋ですけど。

ニヤけた牛くんと緊張した面持ちの雫さんです。

「ち――駐車場のネコはぁあくびをぉしなッがらぁ~あぃ♪」

雫さんで出しのタイミング間違えた!
そして、こ・れ・は

下手だ!!
下手すぎる!
下手すぎて可愛い!さすが雫さん!

五月なんてお腹抱えて爆笑してますからね、はい。

「いつもと変わらなぁぁい穏やかな~町並み~」

はいはい牛くん、君がどんだけ上手かろうと、どんだけイケメンだろうと、雫さんの下手さをカバーすることなんて出来ないんだよ。

そして結局、点数は66点。
ご愁傷様です。

「牛ピー下手すぎ!」牛くんをベシベシ叩く五月。
「イケメンのくせに歌唱力ないって、なんだか残念」と、小雪さん。
「本当に残念な人」これは僕。

みんなで牛くんをイジる
間違っても雫さんをイジったりはしていない。

「いや違うだろ!どう考えても雫ちゃんが下手だt――」
「黙れバカ!」

どんだけ空気読めないんですか牛くん。
もちろん全員でフルボッコです。
(ちゃっかり女王も混ざって牛くんを蹴ってたのがウケた)

その間、雫さんは点数の表示された液晶画面を見つめて嬉しそうにしていた。

「や、やりました先輩!」
笑顔で話しかけてくる。

…。
どう反応すればいいんでしょうか。66点で喜んでいる人に。

「あ、うん良かったね」
とりあえず言っておく。

「ありがとです。66点なんて…初めて取りました」

「そうなの?いつもはどのぐらい?」

「あ、えと、カラオケは初めて来たから、その、比べてるのは定期テストの点数…とかで…」

ん、発言の意味が良く分からなかったけれど、つまりは、今までの定期テスト(勉強)の点数で66点以上を取ったことがない、と、そういうことなのですか。

「え、ちょっと待って雫さん。定期テスト、いつも平均どのぐらいなの?」

「平均は……正確には、わからないですけど、たぶん、だいたい……んと……30点…ぐらい…?」

平均が赤点。
進学校選んで大丈夫だったんですか、ってかまずどうやって合格したんですかあなた。

「ほら、マイク持って」

雫さんと話していた僕に、女王がマイクを手渡す。

あ、次は僕らの番ですね。

曲のタイトルが表示される。

アナ雪『とびら開けて』

なんかみんな吹いた。
僕も歌いながら笑った。

どうして、目立たない陰キャ男子と学校一の美女がデュエットしてるんだろうって思って笑った。
(何度もしつこいですけど、僕個人としては、学校一の美女は五月だと思っています)
採点結果は92点。

「あなた歌上手なのね」

女王が褒めてくれた。
何年ぶりだろう、一日に何回も人から褒められるのって。

「いやぁ上手いだなんて、やめてくださいよ。ちょっと歌うのが好きってだけなんで別に上手いとかそんな――」
「調子乗りすぎー」
五月が横から入ってくる。

軽蔑の眼差しが痛い。

「あ、良いこと思いついた」

何を思いついたんですか大雪くん。

「今度のライブのとき早瀬にも歌ってもらおうよ。五月と早瀬のダブルボーカル、一曲分用意しよう」

「いいねそれ最高だよ大雪くん!」
長椅子から飛び上がって大興奮の五月。

「でしょ?」

「待ってください。それは勘弁してください」

「あ、俺たちの番だ」

僕との会話を切り上げ、マイクを手に立ち上がる大雪くん。
小雪さんもその隣に並ぶ。

彼らが選択した曲は、絢香とコブクロのあれ、タイトル忘れたけどあの有名なやつ。
やっと本格的な歌唱力が見れる、うん。

とりあえずライブの件は忘れよう。
忘れるべきだ。

結果は94点。
僅差で負けた。

これで僕と女王の現在の順位は二位。

大雪くんペアの勝ち組入りが決定。
逆に、雫さんと牛くんペアの敗北も決定です。

ラストは五月と仙人くんだ。

さて、曲は何をチョイスしたのかな。

『めざせポケモンマスター』

「たとえ火の中水の中草の中森の中~」
仙人くんが無機質だけど正確な音程で歌う。

五月は指の関節をバキバキ鳴らしながら突っ立っている。
「土の中雲の中あのコのスカートの――」

「キキャァァァァァァアァァァアアアアッッ!!!」
強烈な叫び声が室内に反響し耳をつんざく。

なるほどね五月さん、あなたはこれがやりたかったのね。

「マサラタウンにさよならバイバイ。オレはこいつと旅に出る」
「ピカチュッ♪」

変わらず冷静に歌い上げる仙人くん。
なんかポーズ決めながらピカチュウの鳴き声出してる五月。

悔しいけど可愛い。

「――保証はどこにもないけど」
「それはそうね~♪」

オーキド博士のセリフ(そりゃそうじゃ!)が真矢みきさんのモノマネに変わっていた。
あまりの上手さに牛くんと抱き合って笑った。
すぐに気付いて突き飛ばした。

注目の採点結果は87点。
妥当でしょうね、五月の歌唱力は合いの手だけだったからほぼノーカウントでしょうし。

「ボクの彼女は頭がおかしい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く