話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ボクの彼女は頭がおかしい。

来世ピッチャー

出待ち

「ごめん早瀬くん、先に帰ってて」

「え、どうして?」

「…今からお説教があるんです」





放課後になり、五月の教室に向かうと、そこには慌てた様子の彼女がいた。

毎度の事ながら職員室に呼び出されたらしい。

「何をやらかしたの?」
「べつに…」と、彼女は答えた。
(あのエリカ様よりも美しくかっこいい五月様であった)

「じゃ、そういうことだから先に帰ってて」

映画のワンシーンみたく手をひらひらさせて、僕に背を向け歩き出す五月。


金色のオーラを放つ後姿が、やけに鮮明だった。





さて。
特にする事もないので、五月が先生に呼び出された理由でも調べてみることにする。



答えはすぐに出た。

五月のクラスメートさんからの情報によると……
「誰かがマンガ持って来てて、で、それが先生に見つかっちゃって――」

どうしたことか、五月が誰かさんをかばって「わたしが持って来ました!ワンピース、面白いんですよ。特にゾロの腹巻きスタイルとか。先生もこの機会にぜひ読んでみてください」とか何とか言ったらしい。

僕には全く理解できない、彼女のその行動。

我々の通う高校は、地元ではそれなりに有名な進学高校であり、校則は少々厳しめ。
マンガを一冊持ってくるだけで、わざわざ職員室に呼び出されるような、そんな高校です。
ただ、変なところでゆるかったりもする。

「五月もモノ好きですよね」

「うんうん。だって早瀬くんと付き合ってるぐらいだもんね」

やかましいわ五月のクラスメート。

まぁ、そういうわけで事件の真相も解けたし、帰りますか。

と、見せかけて…。

僕はいったん学校を出た。
そして近くにあるコンビニに入る。

五月の好きなお菓子をいくつか買い、もう一度学校へと戻る。

すれ違うといけないので、校門で彼女が出てくるのを待つ。









数分後、いや、多分正確には1時間30分後ぐらい。

五月が昇降口から姿を現した。


「お疲れさま」

そう言って声をかける。

彼女は立ち止まり、僕を見つめてただ驚いたような表情をしていた。

「はい、これ」

先ほど購入したお菓子を五月に手渡す。

依然として無言の彼女。

突っ立ったままで動こうとしない。

「どうしたの」

僕は彼女の顔を覗き込んだ。

大きくて綺麗な瞳に吸い込まれそうになる。

ほんのりと赤く染まった頬が可愛らしさと色気をいっぺんに感じさせる。

世界一です、はい。



あまりの美しさに見とれている僕。


「早瀬くん…ありがと…」

目をそらしながらボソボソ言う五月。


いつもと違うこの感じ。

なんていうか、もう、単純に、イイ!



「じゃ、校門で見つめ合ってるのもアレなんで、帰りますか」

そう言って彼女の手をひく。


「…うん」

嬉しそうにうなずく五月。


これが見れただけで僕は満足です。


「ボクの彼女は頭がおかしい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く