話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ボクの彼女は頭がおかしい。

来世ピッチャー

その日のバイトにて

雫さんのターン




「せ、先輩…」

「どうしたの雫さん?」

「えと、さ、さっきのお客さんに…これ…もらっちゃったんですけど…」

「え、何それ」


「……カメ…さん?」



うん、見れば分かる。

ってかそれ多分スッポンだから。

マジで危ないからそれ。


「とりあえず返してきなさい」と、僕は言った。


「い、いってきます!」

雫さんがスッポンを抱えて出て行く。



それにしても……

僕は思った。


お店の看板娘にスッポンをプレゼントするなんて、何県出身の人なんだろう、と。


(少なくとも我々の住んでいる地域にはそのような習慣はありません。読者の皆様、何かしらの情報をお持ちでしたら暇な時にでも教えてください)

「ボクの彼女は頭がおかしい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く