話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ボクの彼女は頭がおかしい。

来世ピッチャー

介抱②


次に目を覚ましたのは、1時(13時)を少しまわった頃だった。

あー、喉が渇いた。
お茶でも飲みにリビングへ行こう、と思ったけど、やめた。

なぜなら枕元に、ポカリが置いてあったから。

お礼を言おうと部屋を見回すも、肝心の五月がいない。

どこに……あ、これか。一階から物音が聞こえてくる。
察するにこれは、誰かが昼ごはんを作っている音。

母は夕方まで仕事だから、いま家に居るということは有り得ない。
つまり料理をしているその誰かとは、必然的に五月ということになる。

なんかちょっと泣けてきた。

君って本当に素晴らしい子だよ。

ポカリを飲み、マスクを探す。確か部屋にあったはず。

僕はもう、彼女に帰ってもらうことをあきらめた。
(あきらめるの早い気がするけど、熱があるので許してください)
だからこそのマスクである。


数分後。
彼女がお粥を持って部屋にやってきた。
いつもと違う赤色のエプロンが、数年後の未来を強く連想させる。

『ただいま』
『お帰りなさい。今日もお仕事お疲れ様(ハート)』
『五月も疲れたでしょ?』
『ううん。今日は午前中で終わりだったから。それより、ご飯とお風呂どっちにする?』
『どうしようかなぁ』
『あ、もちろん…第三の選択肢も……あるよ…?(ハート)』

妄想ストップ。
なぜかって?
それはね、思い出してしまったからです。

現実世界で、先ほど眠りにつく前に五月にぶちゅーっとやられたことを。

『思い出し笑い』ならぬ『思い出し赤面』
大体、彼女はどうしてキスなんかしたんだろう。
うつってないといいけどなぁ。


「少し熱いかも。気を付けて」と、五月は言った。
「あのー」
「なに、どうかした?」
「さっきはゴチャゴチャ言ってごめん。んで、ありがとう」
「…いいえ」

五月は嬉しそうだった。僕も嬉しくなった。
こうなってくると、あとはうつらないことを祈るのみ。

「じゃあいただきます」

「早瀬くん、マスク着けたままでどうやって食べるの?」

「……」
全部熱のせいだ。

マスクの存在を忘れていたことも、うまくレンゲが握れなくて五月に食べさせてもらったのも、どれもこれも全部熱のせいだ。

ちなみにお粥の味はちょっとしょっぱかった。

でも美味しかった。嬉しくて美味しかった。
不思議な味である。

それから僕は、再び眠った。
自分でもびっくりするほどの深い眠りだった。








目を覚ますと、すでに外は夕暮れ時であった。

部屋に五月がいなかったので、一階に降りる。
思った通り、そこには五月がいて夕食の準備に取り掛かっていた。

「まだ出来ないから寝てるといいよ」
僕に気付くと、五月はそう言った。

「もう十分寝かせてもらったから大丈夫です」
「そっか」
「うん」

ソファに座り、台所に立つ五月を眺める。
手伝えなくてごめんね。

「気にしないで。早瀬くんはテレビでも見てて」
出た、五月の読心術。




それからしばらくして母が帰ってきた。
僕は早めに夕食を済ませ(美味しいご飯をありがとうご馳走様でした)、自分の部屋に戻った。
時折リビングから聞こえてくる母と五月の笑い声をBGMに、夢の世界へと身を投じていく。
あぁ…ダルい……。
そういえばお風呂入ってないや…………明日でいいか。
おやすみなさい。










かすかな物音に目を覚ました。

完全な闇。

何時だろう、11時ぐらいかな。
重たい瞼を上げ、暗闇に目を慣らす。

すぐにパジャマ姿の五月が目に入った。僕のベッドの隣に布団を敷いている。
おいおいおい、病人と同じ部屋で寝るのかい?
お母さん、普通止めるでしょ。

確かに五月が隣にいてくれるほうが嬉しいんだけど、でもよくないよね。
出て行ってもらわなきゃ。

…そうは思ったものの、体が言うことを聞かない。
口は全く開こうとしないし、手なんて動く気ゼロ。
金縛り…ですか?
(いいえ、ただの体調不良です)


「寝てる時にごめん…でも許してね」
不意に五月が、寝ている(と彼女は思っている)僕に向かってささやいた。

なんのことだろう、と思っていたのもつかの間。


僕は五月に、そっと抱きしめられた。

うぉー、温かくて柔らかい。最高の感覚が全身を支配する。

(中略)

やがて彼女はベッドから降りた。
「おやすみ早瀬くん」
彼女の言葉に、おやすみ、と心の中で返事をする。

まぁ、こっちは興奮してしばらく眠れそうにないんですけどね。
金縛りサンクス。

久々の五月のデレ、ごちそうさまでした。








翌朝。

自然と目を覚ます。
時計の針が示すのは午前五時。
上半身を起こし、敷布団で眠っている五月を見る。
(ちらりと見えるおへそがたまらない)

僕はベッドから起き上がり、ゆっくりと彼女を抱きかかえた。
そうして起こさないよう慎重に、ベッドに寝かせる。
(うちの敷布団、上等じゃないから床にダイレクトに寝てる感覚がするんだよね。背中痛めてないかな?ごめんよ五月)

楽々と一連の動作をこなすことができたため、僕は体調が回復したらしいことを悟った。
それでも一応、熱を測っておく。

『36.6』

よし、治ってますね。ありがとう五月。

僕はシャワーを浴びるため、静かに脱衣場へと向かった。

「ボクの彼女は頭がおかしい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く