話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ボクの彼女は頭がおかしい。

来世ピッチャー

体重

「太っちゃった」
「そうなの?見た感じ分からないけど」
「服着てるからね。ほら、脱ぐとこんな感じ」
「…美しい……じゃなくて服着なさい」





五月とソファでいちゃいちゃしてます早瀬です。

僕は彼女のスベスベの肌に触れてニヤニヤ。
彼女は僕の若白髪をせっせと油性マジックで塗ってニヤニヤ。

とりあえず油性マジックの件はスルーして、僕は疑問に思った。

五月さん、これのどこが太ったというのですか?

45キロもないぐらいでしょう。たぶん。

数ヶ月まではこちらが心配になるほど瘠せてたんですけど、今では健康的でベストな感じの彼女。
(まぁでも標準よりは絶対に痩せてるほう。もう少しお肉をお付けになられてもよろしいのでは?なんて常日頃思っております)

つまり何が言いたいかっていうと、ほら、あれです、あれ……大きいんだもん。

「ねぇ早瀬くん。さっきまで私のお腹触ってたはずの手がいつの間にか、私の……揉んでるんですけど」

「あ、すみません。考え事をしていたら無意識の内にやっちゃってました。やめます」

「…え…やめるの……?」

「うん」

「えぇ!?(マスオさん風)」

「地味に上手い」

「ありがと!…ってなわけでランニングでもどうですか?」

「展開がめまぐるしい」

「運動して体重落とすぞー」

「それは別にいいんだけど、いまどのぐらいなの?」

「体重?」

「そそ」

「39以上46未満」

「うーん。範囲が絞りきれてるようで絞りきれてないからなんとも言えない」

「そうかな?」

「そうだよ」

「じゃあさ、早瀬くんは何キロなわけ?」

「僕?僕は57だけど」

「軽すぎです!」

「そうかな?」

「そうだよ!そんなんでちゃんとカノジョさん守れるんですか!?」

「守れますよ?これまでだってそうだったでしょ?」

「なにその自信満々な態度」






2日後。

五月と帰宅していると、どこかで見たことのある男子高校生3人組(一人は坊主頭で体格がよかった。もう一人は超絶イケメンで頭悪そうだった。もう一人も坊主頭で、この前までロン毛でしたよって感じのオーラ放ってた)に絡まれた。

「お前の服をよこせ。それが嫌なら女を貰っていく」
頭悪そうなイケメンヤンキーはそう言った。


隣の五月はニヤついていた。



結果から言えば、もちろん脱いだ。

(相手が2人ならギリギリ勝てたと思うけど、3人目の大雪くんに激似のヤンキーにはどう見ても勝てそうになかった。だって柔道部――)

制服も、シャツも全部持っていかれた。

パンツと靴下だけ持っていかれなかった。

通報される前に猛ダッシュで家に駆け込んだ。


とにかく、僕は五月を守りきった。

口だけの男にはなりたくなかった。









翌朝。

制服がないので仕方なく体操服で登校しようと玄関に出ると、なぜかそこには丁寧に折り畳まれた僕の制服が置いてあった。

きちんと洗濯もしてあった。

変なヤンキーもいるもんだな、と思った。

「ボクの彼女は頭がおかしい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く