ボクの彼女は頭がおかしい。

来世ピッチャー

賭け


テストが終わった。

五月が僕のところに飛んでくる。

「数学、100点取った!絶対取った。うん、間違いない」
仁王立ち、大きく一人でうなずく五月。


…うそだろ。

あの数Ⅱ・Bのテストで100点だと。
ありえない。

1週間前からコツコツこの日に備え、そして昨日は6時間も費やして勉強したこの僕でさえ、手応え的に80点前後。

ノー勉の五月が100点を取るなど、あっていいはずがない。

(後から聞いた話によると、前日に2時間ぐらいは勉強したらしいです。なんでもノーベル物理学者のドキュメンタリーを見て火が着いたんだとか)


「じゃあ今回は、五月の数学の点数が100点かそうじゃないかで賭けることにしない?」と、僕は提案した。

ものすごく僕に有利な賭け。

さて、彼女は乗ってくるだろうか…。



「え、わたし勝っちゃうけどいいの?」

あっさりお乗りになった。

自信満々の五月。


まったく、バカな人。

「楽しみだね、答案が返ってくるの」










3日後。

昼休みに先生から呼び出された。
僕を呼び出したのは、2年生の数学を担当している先生。

なんだろう?


「これ見ろ」
職員室、先生が僕に一枚のプリントを押し付けてくる。


ん……これは。

「どうして僕に渡すんですか?」
そう聞かずにはいられなかった。


なぜならそのプリントは、3日前に行われた定期テストの、数学の、「五月の」答案用紙だったからだ。


「いいから見ろ」と、先生。


「はい」

五月の答案に目を通す。

うそ、うそだろ。

○、○、○、○、○。

○の嵐。

どこにも×がない。

つまりは完璧な100点の答案用紙。


「100点…ですか」と、僕は言った。

「いや、0点だ」と、先生は言った。

「え。バツなんかどこにもないのに」

「確かにな。でも、名前のところ。よく見ろ」

先生に言われたとおり、答案用紙に書かれている名前の欄を見る。



思わず笑った。


まったく、バカな人。





そこには、『早瀬五月』と記入されていた。

「ボクの彼女は頭がおかしい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く