話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ボクの彼女は頭がおかしい。

来世ピッチャー

ご褒美


「五月、ご飯食べに行かない?」

「今日?」

「うん。親が仕事でいないんだよね」

「そっか。だったら私が作るよ」





時刻は午後7時。
リビングでくつろぎながらテレビを見ている。

台所には五月。
フリフリのついたエプロンで武装した最強の五月。
可愛い。

仕事の会議で親の帰宅が遅れるということで、流れ的に五月が作ってくれることとなった。

「だったら私が作るよ」

「いいの?」

「うん!でもその代わりに……」

「その代わり?」

「美味しく作れたら、ご褒美ちょうだい!」

ニコッと笑う彼女さん。
いいよその笑顔。
ご褒美なんていくらでもあげちゃう。


「あ、お母さん、五月がご飯作ってくれるって。うん、そうそう。でね、台所使うから」と、母に電話する。

母が五月に代われと言うから、携帯(音が出ないやつ)を手渡す。

「こんにちは、いつもお世話になってます。いやぁ、はい、はぁいえいえ。はい、はい、分かりました。はい、こちらこそ。いやぁもう、はい。えぇはい、はい、そうですね。はい、では、失礼します」

僕には良く分からないけど、楽しそうに二人で会話していらっしゃった。





そうして僕は今、料理の完成を待っている。

「あなた、ご飯よ」
なぜか真矢みきさん風に言う五月。
最近ハマってるらしい。

ナチュラルにスルーし、並んで食卓につく。
「いただきます」

今日のメニューは中華料理。
よく作ったなぁ。
どれも美味しそう。

五月から凝視されているのが少々気にはなったが、まず一口食べてみる。
……お。
八宝菜、美味し!

「これ凄いね。毎日食べたいよ」と、感想を彼女に伝える。

「おぉ、やりぃ!」
彼女は手を叩いて喜んでいた。


二人でお喋りをしながらの、楽しい夕食タイム。




あっという間に食べ終わり、片付けは僕が担当した。



「早瀬くん」

「ん?」

「ご褒美!」

「あぁ、覚えてるよ。何が欲しい?」



「きみが欲しい」

五月はそう言って、ガバッと僕に抱きついてきた。

その勢いがあまりに強かったものだから、カーペットの上に押し倒される。

五月の柔らかい胸が当たっていて、ちょっと気持ちいい。
あぁ、このまま天国にでも――っていかんいかん。
親に見られたら大変だ。


「ちょっと落ち着こうか」

「え、何で?」

「何でって何で?」

「何でって何でって何で?」

「何でって何でって何でって何で?」

「何でって何でって何でって何でって何で?」

「何でって何でって何でって何でって何でって何で?」

「何でって何でって何でって何でって何でって何でって何で?」

「何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何で?」

「何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何で?」

「何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何で?」

「何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何で?」

「何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何で?」

「何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何で?」

「何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何で?」

「何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何で?」

「何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何でって何で?」


という無限ループを二時間つづけた。

(午後8時~午後10時までの間)



父と母が帰ってきたあとも五月が僕の上に乗っかったままの体勢でこのやり取りを続けた。



両親は僕らを見てお経を唱え始めた。

「ボクの彼女は頭がおかしい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く