話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ボクの彼女は頭がおかしい。

来世ピッチャー

償い


「明日ちょっと用事入っちゃった」

「……またですか」





最近、五月の行動が不審である。

放課後になると、僕を置いていつもどこかに消えていく。
休みの日も、用事が入ったと言ってデートをキャンセルしてばかり。

なんとなく不安になる。
女王との対決やお祭りでのライブ、そして浴衣事件。

ここ数週間のさまざまな出来事により、もとより高かった五月の知名度がさらにぐんぐんどこまでも止まることなく上がっていっている。

そんな状況だからこそ、普段はクールにキメている僕でも少々不安になっていまうのである。
そういうわけで、今日(日曜日)は五月の後を追ってみることにした。




彼女の自宅前に身を潜め、待つこと数分。

五月が優雅な足取りで玄関先から姿を現した。

バレないようにこっそりと尾行する。

モデルみたいに長い足の彼女。
一歩一歩の歩幅が広いためか、ものすごく歩くのが速い。

僕は短足なので、うん。
尾行には骨を折った。




















そして到着したのは、結婚式場。

マジかよ式場。

プランニングから何からお手伝いしてくれるらしい。


しばらくの間ビビッてしまって、建物の前を行ったり来たりしていた。

だってまさか五月が密かに結婚の準備を進めていたなんてそりゃビックリしますよ。




で、やっとこさ決心がついて中に足を踏み入れたらなんてことはない。


五月は、そこでバイトをしていただけだった。

「でも、何でバイトなんか……」

「いやぁほら、早瀬くんの携帯壊しちゃったでしょ?」

「あぁそれね」

「うん、さすがに弁償しなくちゃって思ってさ」

「気にしなくていいのに」

というわけらしいです。
本当に気にしなくていいって言ったんですけど、彼女は譲りませんでした。


とりあえずあと四時間程度(長っ)で今日の仕事が終わるらしいので、待つことにする(待つんかい)。

たまたまポケットに入っていた平家物語の文庫本を取り出し、無常感きわだつあの独特の世界へと、僕は旅立った。





約二時間後、綺麗なお姉さんが僕に声をかけてくる。

「君が早瀬くんかな?」

「はい、そうです」と、僕は答えた。

「ちょっと五月ちゃんが呼んでるから、ついてきて」

何だろう、と思いながらお姉さんに誘導され、奥の部屋に入る。


たくさんの衣装と化粧道具の揃った真っ白な部屋。


その中央に、五月がいた。


ばっちりドレスアップされた僕の女神様。


「どう…かな……?」

恥ずかしそうに尋ねてくる彼女。


正直に言おう。

このとき僕は、強烈な目眩を感じていた。

この人を、何が何でも離しちゃいけないと思った。


ウェディングドレスではないのだけれど、それを髣髴とさせる白のロングドレス。

まばゆい輝きを放つ彼女を見て、思わずこう一言。

「絶対に君と結婚する」



彼女は嬉しそうに笑っていた。

周りのスタッフさんたちも優しい笑みを浮かべている。









そして後から気付いたのだけれど……


五月。
仕事中に何やってんの。

「ボクの彼女は頭がおかしい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く