話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ボクの彼女は頭がおかしい。

来世ピッチャー

どぼん


「スマホ、お風呂に落としちゃった」と、五月。

「あらら。壊れたの?」

「うん、音が出なく鳴っちゃって」

「それはすごく不便だろうね」

「ほんとに。ごめんね早瀬くん」

「ん、何で謝るの?」


「これ」

そう言って彼女は、僕にスマホを手渡してきた。

それはまさしく、僕のスマホであった。

中学二年生の時から使っている黄金色の、僕のスマホであった。


通りで。

昨日から探してたんだよね。


電源を入れてみる。


あ。
待ち受けが変わってる。


昨日までは五月の寝顔が待ち受けだったのに。



なぜか画面に映し出されていたのは、鼻血を出しながらニヤニヤしている僕の凛々しい横顔であった。

「ボクの彼女は頭がおかしい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く