話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ボクの彼女は頭がおかしい。

来世ピッチャー

戦の後-追記


それからもう一つ。

雫さんへの嫌がらせはパッタリとなくなった。

僕の世界に再びのんびりとした平和が戻ってきた。

……と、言いたいところだけど。
現実そう上手くはいかなかった。


なんと、五月と女王が完全に和解したのだ。


それは凄く良いことじゃないか、なんて声がたくさん聞こえてきそうではありますが、うん。

説明します。



放課後、五月と帰ろうとしている時。

どこからともなく、数名の取巻きを従えた女王が登場する。

「五月、今から買い物でもどう?」

「いいね!最近服買ってないし」と、目を輝かせる五月。

「決まり。じゃあ行きましょう」


「あ、ちょっと待って」
五月が僕のほうを見る。

ごめんね、と目で語ってくる。

気にしないで行っといで、とうなづく僕。

そうして彼女はにっこり笑って、女王と共にショッピングへと向かっていくのだった。


その間、女王は一度も僕のほうを見なかった。

僕のことなど根暗な何の取柄もないただの一般人でオタ……なんか自分で言っといて悲しくなってきたやめよう。

まぁ、かつての友情が復活したばかりという微妙な状況のため、五月も断りづらいのだろう。

女王はものすごく極端な性格の人であるから、些細なことでまた犬猿の仲という昔の関係に戻りかねないし。





そして話はちょっと変わるけれど、これも報告しておきます。

戦争に負けた女王。
勝ったのは「僕の」彼女さんである五月。

ということは、五月が新しいクイーンになるという流れが普通であるが、彼女はそれを辞退した。

五月はそういう権力とか富とか、なんていうか純粋でないもの?にあまり興味がない。
(もし興味あったら僕とは付き合ってないだろうと思われる)

だからこれまで通り、女子界のトップには藤堂沙紀という体制がとられる事となった。

そして新たに特別補佐的なポジションに就任したのが、五月というわけだ。




色々長くなってしまって申し訳ありません。

つまり僕の問題点をまとめてみると……


・五月と女王が仲良くなりすぎてしまってなんか寂しい

・牛くんが雫さんをあきらめない

・五月が可愛すぎてそろそろ萌え死にそう

・僕、主人公なのに読者様に良いところを一回も魅せてない




こんなものですかね。
頑張ります。

「ボクの彼女は頭がおかしい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く