話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ボクの彼女は頭がおかしい。

来世ピッチャー

戦の後


世紀の大革命後の数日間、僕は五月の介護ヘルパーと化していた。

湿布を張り替えたり、マッサージをしてあげたり、ご飯を食べさせたり。


「おんぶー」って言いながら両手を僕のほうに広げてきた時の彼女の可愛さは、もう鳥肌ものだった。



それだけです。

はい。

「ボクの彼女は頭がおかしい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く