話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ボクの彼女は頭がおかしい。

来世ピッチャー

過去について


ちょっと昔話でも。

五月には中学生時代、ものすごく仲の良い女友達がいた。
何をするにも二人一緒で、トイレの中までくっついていたそうな。


しかし二人の深いはずであった絆は、いとも簡単に崩れ去ってしまう。



ある日、友人がとある男の子に恋をした。

五月はそれをただ影から見守り、応援していた。
友人は来る日も来る日も少年にアタックし続けた。


だが、運命とは実に残酷なもので、少年が好きになったのは友人ではなく五月のほうだった。

友人は怒り狂った。
五月はとにかく頭を下げ続けた。
自分は何も悪くないのに、この大切な友人を失いたくないがために何度も何度も謝った。

しかし悲しいことに、五月は報われなかった。


友人は最大にして最強の敵へと変わり、かつての優しかった彼女はどこか遠くの星へと消え去ってしまった。


友人の名は、藤堂沙紀。

現在、泣く子も黙る学年の女王蜂と化し、僕たちの通っている高校の頂点に長いこと君臨している。


見た目はアイドル級に整っている。
(学校一の美少女らしいが、僕個人としては五月のほうが余裕で――)

性格がありえないくらいに悪い。
(という噂である。たぶん本当)

いつも周りに「取巻き」がいる。
(一人で歩いてるとこ見たことないからね)

要するに彼女は、漫画とかアニメに出てきそうな感じの典型的な女王キャラなわけである。


このような僕とは住む世界の違う人間の紹介にどうして1ページ費やしたのかというと、僕のささやかな人生に彼女が、今後多少なりとも関わってきてしまうからである。

である。

「ボクの彼女は頭がおかしい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く