ボクの彼女は頭がおかしい。

来世ピッチャー

眠れるアホな美女


「眠り続けるわたし…」

「あ、また何か企んでるでしょ?」

「眠り続ける…つまりは美女になれる……エヘヘ」

「もしもーし」





我が校では全ての授業が終了した後、掃除をしてから終礼、そして解散となる流れが常である。

いつもと同じように、授業後の掃除に取りかかろうとしていた。

僕は教室掃除で、雑巾マスターという実に名誉な称号を皆から与えられていた。
その名に恥じないよう、今日もまた精一杯床を磨こうと自身をいきり立たせていたちょうどその時。

五月のクラスの知らない誰かが、僕を呼びに来た。
なんでも彼女の緊急事態らしい。

雑巾を放り投げ、大慌てで(知らない誰かに先導されながら)五月のもとへと急いだ。




彼女の教室に着くと、その中央に人だかりができていた。

群衆をかき分け中を覗き込む。

五月が、両手を胸の前に組んで静かに眠っていた。

「この人何してるの?」と、ギャラリーに向かって尋ねる。

「六限目が終わったとたん、急に倒れこんじゃって…」と、誰かが答えてくれた。

掃除したくないだけだろ。
明らかに呼吸してるし、顔色はいつもどおり艶やかで健康そのもの。

「起きなさい」
彼女の頬を軽くたたいて起こそうとする。

一瞬ピクッと反応はあったが、目を覚ますまでには至らず。

大根役者め…。


「やっぱキスじゃないとダメなんじゃない?」
誰かが言った。

「俺もそれ思った!」
「だよねだよねー」
「あたしも見たーい」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」

「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」
「キースキース」

黙ってやり過ごそうとしたけど、鳴り止まないこのキスコール。

やるしかない…のか?
くそう、恥ずかしいったらありゃしない。

五月の後頭部に左手を添え、右手で背中を支えながら少しだけ上体を起こしてやる。

すぐ近くから彼女の顔をまじまじと眺める。

なんて綺麗なんだ。

彼女の前では、ダイヤモンドの輝きさえも――

「早くしろよ!」
誰かが叫ぶ。

はいはい分かったよ。


僕は五月に、そっと唇を落とした。

興奮の入り混じった悲鳴が観衆から沸く。


同時に、五月が目をあけた。

彼女に首元を掴まれる。

無表情のままでこう一言。

「もっと」


グイと引き寄せられ、気付くと僕はもう一度彼女にキスをしていた。


教室中がお祭り騒ぎの状態となる。

恥ずかしいけれど、こういうのも悪くないかな。
僕は目を閉じ彼女との――

「早く掃除に取りかかりなさい!」

はい、先生のご登場です。


僕と五月は飛び起きた。

ギャラリーは散り散りになっていき、教室の中央には僕たちと先生の三人。

This is バミューダトライアングル。

「五月さんは放課後、職員室に来なさい。早瀬くんは掃除に戻って」

はい、と返事をして五月は再び床に寝転がった。

はい、と返事をして僕は教室に帰った。





放課後、職員室から出てきた五月に尋ねる。

「何て言われたの?」


彼女は不敵な笑みを浮かべてこう言った。

「どうせやるんなら全校生徒の前でしなさいって。やってやろうじゃない!」


いやいや絶対解釈おかしいでしょそれ。

「ボクの彼女は頭がおかしい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く