話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ボクの彼女は頭がおかしい。

来世ピッチャー


TAKE2




雨が降っている日は傘を差して学校まで歩く。

距離は一キロとちょっとだから、たいしたことはない。


その日もいつもと同じように、一人のんきに考え事をしながら通学路を歩いていた。


食わず嫌いって本当に損をするものなのだろうか。
食べたくない、と思うのは――


一台の車が僕の隣にピタリと止まった。

黒いバン。
いかにも怪しい感じの。

周りに人はいなかったし、この車の目的は僕で間違いない。


差していた傘を左に傾け、バンの細部を観察しようとする。


突然、後部座席の窓が開いた。

「ごきげんよう」

五月だった。

なんだ、拍子抜け。


「おはよう五月。車で登校なんて、リッチなものだね」

「そうでしょう?お乗りになる、早瀬さん?」

「ぜひ」


と、こんな感じでお邪魔させてもらった。
車に乗り込み、再びそれが動き出してから気付く。



…運転してるおっさん誰だ。


明らかに五月父ではない。


「五月、このおじさん親戚?」
ヒソヒソと彼女に尋ねる。

「ううん、知らない人」

「…え、どういうこと?」

「ヒッチハイクしたであります!」


何でケロロ軍曹なんだよ。
まぁいいや。


それにしても、通学途中にヒッチハイクをするなんてこの人はやっぱりただ者じゃないなぁ。

どうりで彼女の足元にも傘が置いてあるわけだ。


……あ、アレだ。

僕の視界に、一枚の大きな画用紙のようなモノがとらえられた。
彼女の傘の隣に何気なく置かれている。
ヒッチハイクをする時に使う、よくあるスケッチブックである。


学校まで乗せてください、みたいな感じのことが書かれているのだろうと思いながら手にとってみると……




『カリフォルニアまで』



「五月、この車どこに向かってるの?」

「それに書いてあるとおり、カリフォルニアですのよ早瀬さん」


今すぐ降ろせ。

「ボクの彼女は頭がおかしい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く