話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ボクの彼女は頭がおかしい。

来世ピッチャー

ストーカー


全ての授業が終わり、昇降口へ向かう。

上靴を靴へと履きかえる。


そこで偶然、雫さんを見かけた。

「あ、こんにちは」

「あ、こ、こんちゃ」
おかしな挨拶を返す雫さん。

「最近どう?何か変わったことない?」

「じ、実は…………あ、えぇと、先輩…」

「ん?」


「あ!」
彼女の視線が僕の右斜め後ろを見ていたので何かと思って振り返ると、そこにはスマイル100%の五月がいました。

「雫ちゃんお疲れぃ!」

「お、おつかれさまですサツ姉!」

二人して敬礼してるんだから、ワケがわからん。

ってかいつのまにここまで仲良くなったんだ。
サツ姉ってなんだよ。


「今日用事があるから先帰るね。じゃっ」
サツ姉は僕にそう言うと、目にも止まらぬ早さでいなくなってしまった。


「いつから五月とあんなに仲良くなったの?」と尋ねてみる。

「いつの間にか……です」

「そっか。あ、さっき言いかけてたのは?」

「……?」

「『実は』の続き」

「あ、あぁ」
ポンッと手をたたく雫さん。


途切れ途切れながら、近況を語ってくれた。

それによると僕の予想通り、彼女は最近ストーカー被害にあっているらしい。

犯人はアイツしかいない。
あたりを見回してみる……


はい、発見しました牛くん。

「出てきなよ」と彼に呼びかける。


数秒後、ばっちり髪を整えた牛くんが柱の影から颯爽と現れました。

「おぉ早瀬、偶然だな。こんなとこ――」

「そういうのいいから」

僕が一蹴するも、牛くんはそんなの関係ねぇの如く、今度は雫さんのほうに向き直る。












「俺、あなたに惚れたみたいです」






いきなりの告白。
まさかの昇降口で。
しかも周りにたくさん人いるのに。

固まる僕と雫さん。

「俺と付きあってくれ!!」と高らかに叫ぶイケメン。

固まる僕と雫さん。

「え、聞こえなかった?じゃもう一回。俺と――」

「ごめんなさい…」


牛くん半泣きになってそのままどっか逝った。





「今日バイト?」

「あ、はい」

「そか、じゃあコンビニまで送ってくよ」

「……どしてですか先輩?」

「うーん、何となく。じゃ、行こっか」

「りょーかいです」



大丈夫だろうとは思うけれど、何かがあってからでは遅いので念のため。

そう、念のため。

「ボクの彼女は頭がおかしい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く