話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ボクの彼女は頭がおかしい。

来世ピッチャー

自由研究


「自由研究の宿題は結局なに出したの?」

「これ」




そう言って彼女が取り出したのは、なんだかよくわからないシールを貼った扇風機でした。

夏休み最終日まで何も取り掛かっていなかった彼女。
なんだこれ。

「え?買ってシール貼っただけ?」

「まさか。これは二通りの方法で使えてね。暑いときに涼むのはもちろん、なんと新世代の傘としての機能もあるんです!」

「ん?」

「とりあえず今雨降ってるみたいだから試しておいでよ早瀬くん」


言われるがままに外に出て、五月から渡された新世代傘をタケコプターみたいに頭の上に載せて電源を入れる。

これで雨風を跳ね返すことが本当にできるのか?

ぶいーん。


「…いや、無理じゃん」

「うん、まだ試作段階だからね」


びしょ濡れになるぼくを見つめる彼女は、ばっちり旧世代傘をさしていた。

ってかこれで宿題OKなの?美人ずるくない?

「ボクの彼女は頭がおかしい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • tk1105

    ラブコメは結構読みましたがこのヒロインは個人的にぐっときます!笑
    更新頑張ってください。

    1
コメントを書く