話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ボクの彼女は頭がおかしい。

来世ピッチャー

翌朝


目を覚ました。
すでに外は明るい。


隣に寝ている五月の頭をなでようと手を伸ば――

僕は絶叫した。




















隣に寝ていたのは、五月父だった。

「ボクの彼女は頭がおかしい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く