話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ボクの彼女は頭がおかしい。

来世ピッチャー

過去


思い返すとウソみたいな話だが、僕とスーパー美少女である五月さつきさんが付き合うまでに交わした言葉は、文字に起こしてみるとたったの107文字に過ぎなかった。

あのわずかなやり取りの中で彼女が何を考え、何を思ったのか。

平凡な僕なんかに目をつけたのはなぜなのか。

あれから数年が経過した今でも本当のところはよくわからないのだが、僕には確信を持って言える事が1つだけある。

ボクの彼女は頭がおかしい。








「まつげ、付いてるよ」

「え、僕?」

「そっそ。鼻のとこ、まつげ付いてる」

「…あぁほんとだ。ありがとうございます」


これが僕と五月の間で交わされた最初のコミュニケーション。

先生に当てられた英文を訳している途中に、前の席に座っていたクラス1の美女から突然話しかけられた。

彼女の鼻にはテントウムシが付いていたので、非常に印象に残っている。






二回目のコミュニケーションは、数日後に訪れた。

数学の小テストの時間。静かな教室。

前の席に座っていた五月が消しゴムを落とした。
ちょうど僕と彼女の中間地点に落下したのだが、彼女は拾う気配を見せない。

なぜ?

仕方なく体の重心を右に傾け、精一杯手を伸ばす。
すると突然、彼女がこちらに振り返った。

「それ拾ったら私の彼氏になってもらうけど、大丈夫?」

教室に響いていたシャーペンの音が一斉にやむ。

僕は拾いかけの手を止めた。
今のは、一体……

「拾わなかったら私の筆箱になってもらうけど大丈夫?」と畳み掛ける彼女。

うーむ…
ショートカットがよく似合っている、美人と評判の彼女。
見かけとは裏腹にだいぶクレイジーですね。

よく分からなかったけれど、僕はとりあえず消しゴムを拾う事に決めた。

「ボクの彼女は頭がおかしい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く