過去に戻り青春を謳歌することは可能だろうか

おざおざ@新シリーズ作成中

プロローグ


 げきが部屋に飛び交う。
 母と東山ひがしやまさんは、会社が上手くいかず、お互いの意見をぶつけている。

 俺は何も言えなかった。
 父と姉は俺を残し別の家に行った。
 最初は一緒に来いと言われたが、うつ病の母を残しておくことはできなかった。

 しかし、後悔している。
 母は新しい男…東山さんを家に連れてきたのだ。そして、今はこの有様。もう何日間も同じだ。
 
 我が家には居場所があるのだろうか。
 
 時期に俺には食べるものが支給されなかった。会社が失敗し、お金がなくなったのだ。

 だからよく、公園に行っては草を泣きながら口に運んだ。

 数ヶ月後。
 部活を辞めた。
 バイトを始めて生活費を稼ぐためだ。

 
 俺は、いつから心を閉ざしてしまったのだろうか。閉ざすと言うよりは、前までの自分を捨てた。と言った方がいいのかもしれない。

 会社が上手く行き、経済的にも余裕を持った。
 救われた…この辛い地獄から少しはマシな地に向かうのだ。


 母と東山さんの間で子を作った。

 
 居場所…そんなものは最初からなかったのかもしれない。

 そして限界を迎えた。


 母と父に交渉をして、俺は、俺のことを誰も知らない地に東山さんと母が買った愛犬と引っ越すことになった。

 二人はこの子の散歩などしなかった。だから俺が引き取ったのだ。

 前の自分とは違った自分。
 
 最初は生活がガラリと変わり、楽しかった。
 
 俺は、いつの日か疑問を持った。

 
 “自分らしさ”とは何なのだろうか。


 そして俺は、その疑問のカケラを繋げて行く。

「過去に戻り青春を謳歌することは可能だろうか」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • おざおざ@新シリーズ作成中

    ノベルバユーザー267389

    そう言ってもらえて光栄です!ありがとうございます!
    これからもご愛読よろしくお願いします!

    1
  • ノベルバユーザー267389

    書き方がとてつもなくお上手ですね!
    プロローグからの伏線回収がすごい
    上手です!楽しみに待っています!

    1
コメントを書く