過去に戻り青春を謳歌することは可能だろうか

おざおざ@新シリーズ作成中

23話 小悪魔の頼みごと


 夏の足音を、肌寒いというよりかは“涼しい”と言った方が型にはまる風が運んでくる6月の放課後。
 生徒は帰るなり部活に行くなりして学校中は騒がしい。

 高鳴る心音。
 その喧騒けんそうの中ですら誰かに心音が聞こえてしまうのではないか。
 そう思ってしまう。

 菜月なつきとは中学校の頃に少しだけ関わったことがあるが親密という言葉には相応しくない関係だ。

 「放課後、体育館に来てください!」

 頭の中で、回想をする。
 短いポニーテールをぴょんぴょんさせながら、顔を赤く染めて…
 その様子から“告白”という言葉が頭によぎる。

 中学の頃からそういうものには無縁になってしまっていた俺にとっては心から嬉しいことだ。

 そんなことを考えていると体育館に着く。中では女バスの団体は無く。男バスが体育館半分を使い、余ったエリアに男女各々バレーボール部が使用していた。
 たまにはバスケしたいな…
 そんなことをふと思った。

 かけるから始まった『直斗バスケ部に入るってよ』のくだりは前回と変わらなかった。

 何とか男バスを振り切り、体育館の入り口で待機していると、右肩を優しい力で2回叩かれた。
 
 その正体は菜月だった。
 黒のバスケットパンツに白のTシャツを着ているところからバスケをしていたのだと思う。
 けれど女バスの姿は見当たらない。

 「来てくれてありがとうございます!お時間大丈夫でしたか?」
 「バイト無いから大丈夫だよ」
 「そうですか!あの、すみません、体育館って言ったんですけど小体しょうたいに来てください」

 菜月は少し申し訳なさそうに頬をいた。
 小体はこの体育館の半分くらいのスペースで普段はバトミントン部が使っている。

 「おっけ、女バスはオフか?」
 「はい、オフです」

 バトミントン部は大会で部員は学校に来ていない。 
 だから自主練習を重ねていたのだろう。
 
 一度、翔から遥希はるきと菜月はスタメンでは無いが試合に起用されると聞いたことがある。
 うちの女バスはそれなりに強く、この地区ではベスト4位内の常連校だ。
 その中で1年生にして試合に出るのだから2人には一目置いている。
 その期待にも応えるため、他の選手よりも練習を重ねているのだろう。

 小体では白のTシャツに青いバスパンの遥希がバスケットボールを放っていた。
 一つに結んだ髪の毛は、菜月よりも長いため、それなりに揺れている。
 そんな姿に俺は不覚にも一瞬“可愛い”そう思ってしまった。
 だが、この時点で、菜月は俺に告白しないことが確定。
 
 パサッという爽快感のある音をゴールから奏で、遥希は俺と菜月の方を向く。

 遥希は近づいてきて俺の顔を睨む。
 その瞳はいつも通りの冷たさを孕んでいる。このままだと低温火傷しちゃう。
 
 「菜月…本当に連れてきたんだ」
 「まあまあ、遥希ちゃん、直斗先輩は凄いんだよ?」

 ムッとした遥希に両掌を向け菜月はなだめるような動きをする。
 並んだ2人の身長差はそれほどなく、遥希の方が2センチほど高いくらいだ。髪型といい遺伝子は違えど似ていると思う。

 「ちなみにお嬢様方。俺は何のために呼ばれたの?」
 
 菜月は遥希の顔を見る。
 その様子は、遥希に説明を促しているように見え、案の定、遥希は説明をしようと口を開く。だが、すぐに閉じて下を俯く。

 「やっぱコイツに頼むのとか無理」

 ようやく口を開いたかと思ったら侮蔑ぶべつの言葉を吐いた。

 「おい…」
 「コラ、遥希ちゃん、背に腹は変えられないよ!今後のためにも言わなきゃ!」

 遥希の横で両手の拳をギュッと握りしめ菜月が熱弁を垂れる。
 なんか菜月さんも少し酷くないですか?

 「………」
 「用が無いなら俺は帰るぞ」

 話してくれそうに無い雰囲気がビンビン伝わって来たので、俺は強引に口を開かさせるような行動をとった。

 「…………なのよ」
 「は?」

 こうやって語尾しか聞こえない体験を可憐かれんでもしたことがある。
 姉妹揃ってか

 「スランプなのよ…」

 小さい声ではあったが、拾い上げるには十分な質量を含んでいた。けれど、俺は疑問符を顔に浮かべ

 「え?」
 と聞き返してしまった。
 
 遥希の顔は段々と赤くなり、つい相好そうごうを崩す。

 「だから!スランプになったのよ!いい?もう一回言うわよ!ス・ラ・ン・プ!何回も言わせないで!」

 遥希は檄を飛ばす。
 そんなに言わなくても遥希がDr.スランプだということは伝わって来た。

 「スランプって、お前さっき綺麗にシュート決めてたじゃん」
 「…まぐれよ…、最近どんなに簡単なシュートも入らないのよ…」

 羞恥心を曝け出した遥希は淡々と事情を語った。
 数週間前からその状態で、先日の練習試合ではシュートが全く入らなくてコートから下げられた瞬間があったのだとか。
 
 
 小体の倉庫の中で学校指定の運動着に着替えた。
 代謝がいい、だからこの季節、何も運動していないといえども最初から半袖短パンのわんぱくスタイルなのだ。

 さっき下駄箱から取ってきた体育館シューズを履き軽くストレッチをしたあと倉庫から出る。
 
 「ねえ、菜月、本当にコイツ全国大会経験者なの?」
 
 倉庫から出てきた俺に、何のためらいもなく指を指す。小学校だったら今の遥希の言動は吊るし上げられるだろうが、俺は大人だ。見逃そう。

 「中学校の時な…ボール貸して」
 「あ、7号ボール持ってきました」
 「ありがと」
 
 菜月は、足元に置いてあった男子用のバスケットボールを手から放って俺はそれをキャッチする。

 「全国経験者が、何で帰宅部なのよ、菜月コイツに騙されてるんじゃない?」
 「違うよ!帰宅部の理由は知らないけど全国に行ったのは本当だよ!」
 「信じ難いわね…」

 菜月は俺と中学校が同じだ、それなりに関わったことはある。だから、俺が中学時代、どんな人だったのか、人間関係はどうだったのか。それを知っている。
 
 「遥希、ディフェンス頼む」
 「ま、いいわ、例え全国経験が本当だったとしても、ブランクがあるわけでしょ?」
 「あるよ、だから俺の方が下手っぴになってると思う」

 嘘だ。勝てる。


 3ポイントラインから2メートル離れた場所からスタート。
 
 「それじゃ、行くぞ」
 「ええ、良いわよ」

 遥希の顔は自信満々な表情で完全に俺を下に見ていると感じさせた。
 

 最初は緩めのドリブルでゴールに歩み寄り、3ポイントラインを超えた瞬間右に切り込むようにドライブをした。
 急な速度の変化に遥希は余裕で付いてきた。流石、強豪校で試合に出ているだけはある。

 けれど、甘い。

 左に切り返し速度を落とし、そして再び速度を上げる。 
 遥希のディフェンスは完璧に俺がゴールに向かうことを悟った。
 だからもう一度俺はボールを股に通し右に切り返しリズムよく一歩下がるステップバックをした。

 「え…」

 その動きに遥希の足は付いてくることができなかった。遥希は、体重移動が間に合わずバランスが崩れ転倒した。
 
 遥希は起き上がることよりも、俺を舐めていた分、状況把握に必死だった。だから俺の前に壁は存在しない。

 「スランプってのは俺らのレベルの選手じゃ起きることはない」
 
 手に持ったボールをおでこまで持ってくる。

 「一流の選手にしか起きない…だから遥希のはスランプではなく“停滞期”だ」

 遥希はシュートモーションに入った俺を目で見るだけ。

 「だから停滞期は気持ちの問題ですらしかくて、すぐに抜け出せる」

 そう言ってから手からボールを放つ。
 ボールはゴールに吸い込まれるかのようにパサッという音を立てて通過した。

 
 過去の栄光は嫌いだ。けれど、それが誰かの役に立つのなら、少しは好きになれるのかもしれない。

 俺は倒れたまま意表を突かれたような表情をしている遥希にこう告げる。

 「力にはなれる、けどその後は自分次第だからな」

 この日、俺は自分の捨てた過去と向き合った。
 

「過去に戻り青春を謳歌することは可能だろうか」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く