過去に戻り青春を謳歌することは可能だろうか

おざおざ@新シリーズ作成中

19話 私の知らない世界の君


 目を開けると、岐阜の病院の入り口前に俺は立っていた。

 「戻ったのか…」

 肩に下げていた鞄を開き、財布を取り出し中身を確認する。
 
 土曜日は財布に2000円しか入っていなかったが今は帰りの電車代がしっかり入っている。

 「よかった…さすがに『未来の経済回してきました』とかシャレにらねーからな」

 財布を戻し携帯で時間を確認する。

         20:04
       5月7日 水曜日

 「ふぅ…」

 スマホに表示されている文字を見て安堵の息を漏らす。

 「あ、そうだ」

 一旦病院から離れ、近くの雑貨屋さんに入店。

 そこの雑貨屋さんは閉店時間に近づいているため、客足が滞っている。

 「ありがとうございましたー」

 女性の店員から小洒落た箱に入ったハンカチを受け取り外で封を開け、ゴミを鞄の中に突っ込む。

 予想だが可憐が病院から出てくるとしたら23時を回った頃だと思う。だから時間はまだ全然ある。その時間を潰そうと思えばコンビニに寄ったり書店に寄ったりして適当に潰せるが、俺はそれをしなかった。

 「……」

 病院の自動ドアの横の長椅子に座り少し仮眠を取った。
 途中、警備員さんの目覚めのコールで起こしてもらった。

 警備員にめっちゃ怪しまれながら待つこと3時間。

 病院の自動ドアが開く。
 中から出てきたのは黒のカーディガンを着た長い黒髪の高校生。
 
 可憐は俺に気づくことなく、自動ドアから数歩歩いたところで立ち止まり辛そうに涙を流している。

 学校での姿は、いつも堂々としていて威厳のあるたたずまいだが、今は違う。
 
 声を堪え泣いている可憐は、弱々しく、もう少し空が明るかったら見えなくなってしまいそうなくらい儚い。

 睡眠を削って必死に探した人が目の前にいる。
 涙が出そうになったが必死に堪え、俺は可憐に歩み寄った。





 
 「——ねえ、直斗、今度は未来どこから戻ってきたの?」

 そう聞いたあと、2人の空間に沈黙が降り注いだが、直斗が吹き出し、その沈黙を一掃する。

 「可憐さんは本当に勘がいいなー」
 「まーそれもあるけど、直斗から過去から戻ってきたオーラがすごいのよね」
 「どういうこと?」

 直斗が過去から戻ってきたという根拠はいくつかあった。その根拠は、私が本気で信じていなかった“過去から戻った”という現象を心から信じさせた。

 「まず一つ目は、直斗が渡してきたハンカチ」

 手に持っているハンカチを広げる
 そのハンカチの右下には小さく『飛騨 高山』という黒い刺繍が入っている。
 
 駅から病院までどこも寄らなかった。つまりハンカチなんて買っていない。

 「伏線ふくせんってやつ?」
 「単なるミスでしょ」
 「まーそーかも」

 多分直斗は心も体も疲弊ひへいしきっていたのだろう。だから…

 「髪の毛も急に寝癖つけるし、顔は来る時よりもゲッソリしてる、クマなんか半端じゃないわ」
 「おめかしすればよかったなー」

 中身のない適当な言葉を発する。その声音からも疲労が伝わってくる。

 「それとね、直斗と会ったとき、一瞬記憶にない映像が頭に流れたのよ」
 「…どんな?」

 直斗の声には、さっきとはまるで違う真剣さが含まれている。
 
 「えっとね、本当に一瞬だけだったから詳しくは覚えていないけど、直斗が警察官に職質されているところ…っぶ…」

 よくよく考えると笑えてしまい吹き出してしまう。

 「警察の方からのスカウトだったかもよ?」
 「なわけないでしょ」
 「他にはそういうやつは無かったですか?」
 「んー」

 記憶を少し辿たどり一つ心当たりを汲み上げる。

 「今日屋上で見たんだけど、直斗の部屋で私が泣いていて、それを見た直斗が『俺を過去に戻してくれ』って叫んでた」

 「…やっぱりか」

 「過去に戻る前に直斗と関ってれば、その時に過ごした時間は帳消ちょうけしにならなくて何らかの形で記憶に残ってるってこと…?」

 この持論は確信に近いものだと思う。
 単なる私の持論でしかないけれど

 「多分そうだと思います。かけるって名前のクラスメイトがいるんですけどね、そいつが俺と昼休みに可憐さんのことについて話した気がするって言ったんです。確かに話した事実は俺の中ではあるんですけど一回過去に戻っているはずだから、その事実は消滅していると思ってたんですが、可憐さんの考え通りのことが起こっているようです」

 顎を触りながら直斗は淡々と説明をした。
 けれど、それとは別に説明してほしいことがあった。

 「私の話って何よ」
 「あ…可憐さんめっちゃ可愛い…とか?」
 「はぁ…まぁ今日は別にいいわ、直斗がしっかり睡眠をとって回復した時にゆっくり話しましょ」
 「は、はい」

 言いにくいような話でもしてたのかしら、でも多分私が直斗と一緒に学校に行ったことよね、3学年でも色々噂されていたし。

 「つまりフラッシュバックした記憶は事実なのよね」
 「俺らの考えが合っていれば」

 なら…
 なら、もう一つのフラッシュバックした記憶も事実だとしたら…
 
 
 記憶の中の私は、土砂降りの中、傘を差し歩いていた。雨が吹き込み、傘の意味を果たしていなかったと思う。
 
 知らない道だったから、私は一人で遠出でもしていたのだろうか。
 
 5メートル先、十字路が見えた。
 
 ——顔をくしゃくしゃにした直斗が私の前を全速力で横切る。


 『直斗と関わった人』との時間は、直斗が過去に戻ったとしても、その断片は記憶に残る。
 
 ——直斗と関わった人…
 ならば、あの直斗は、私のことを探していたのだろうか…

 私の知らない世界で、私のためにずっと戦っていたのかな…

 直斗と目が合う
 急に顔が熱くなり急いで横を向く。

 「どうしました?」
 「な、なんでもないわよ…さ、直斗はもう休みなさい、私は戻るわ」

 直斗が不安そうな眼差しを向ける。
 
 「大丈夫よ…」
 
 直斗の不安を取り払いたかったが、自信のない声になってしまう。
 これから私が直面するであろう悲しみ。
 
 直斗が戻ってきた時点でもう分かっているのよ

 「可憐さん」
 
 急に立ち上がった直斗は私の目を真剣に捉えた。

 「落ち込むときはとことん落ち込んでください。どんなにすごい落ち込み方でもいい…」

 そして彼はこう言い放った。


 「俺が何度もやり直して、何度も助けてやりますから…」

 
 ああ、本当にこの人は…

 「そんな体力あるのかしら?」
 「ありますよ!」

 まだ直斗のことを全然知らない

 「そもそもそんな顔で来られたら引くわ」
 「それはひどい」
 
 知り合って3日しか経っていない

 「なら、頼んだわ」
 「了解です」
 
 でも、もう仕方がないよね

 「いいから早く行きなさい」
 「はーい、何かあったら言ってくださいね」
 「わかったわ」

 だって…

 「それじゃ」
 「さよなら」

 だって私は…


 「…好きよ。直斗なおと…」


 恋をしてしまったのだから。
 

「過去に戻り青春を謳歌することは可能だろうか」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く