過去に戻り青春を謳歌することは可能だろうか

おざおざ@新シリーズ作成中

17話 過去に戻り後悔を拭うことは可能だろうか 11


 「なあ直斗なおと、説明しろよー、なんで生徒会長の次にその妹を狙ってるの?」

 かけるが肩を組んできたおかげですごく暑い。
  
 「別に狙ってねーよ」

 女バスに遥希はるきがいるということは、いつの日かのクラスメイトの話し声で知った情報だ。だからこうしてかけるに呼んでもらおうと思ったのだが、変な絡みを受ける羽目となった。

 「ええ、本当に?」
 「本当だ」
 「まー今回はそーゆーことにしたる」
 「ありがと、てことで早く呼んでくれ」

 朝練習はあと20分ほどで終わる。早々に遥希はるきと話しておかなければいけない。

 「こんな朝っぱらからどうしたのよ」

 声がして後ろを振り返るとそこには遥希とそのお友達らしきもう1人の部員がいた。
 
 「な、な、直斗なおと先輩!おはようございます!」

 元気な声を出しその子が深々と頭を下げる。
 
 俺のことを知っている一年ってことは中学時代もバスケ部。
 
 慌てた様子でその子は前髪にピンをして前髪の動きを押さえた。

 「おはよう」

 その子に挨拶を返すとその子の顔は少し赤く染まった。
 
 おそらく休憩中だったのだろう。だから、運動のせいでできた顔の赤さでは無さそうだ。
 
 翔は既に練習を再開していた。

 「てか、ちょうどよかった」
 「ちょうどよくないわよね、男バスの部員がすごい盛り上がってたから、何かと思って来てみたらあんたがいたのよ。あんたって一体何者?」

 遥希はるきは両腕を組んで訝しんだ視線を俺に向けてくる。

 「遥希はるきちゃん本当に知らないの?というか本当に仲よかったんだね」
 
 「知らないって何がよ…というか仲良くない」
 「えっとね直斗先輩はね中学生のと…」
 「それはまた今度教えるよ」

 説明をしようとしていたその子の言葉を遮り俺の話題を終わらせた。

 「なあ、遥希はるき
 「なによ」
 「昨日は…」 
 「帰ってこなかった…」
 「そっか…ありがと」

 そう言って俺は歩き出した。
 
 学校には毎日休まず来ていた、だから単位の心配は全く無い。だから俺は駐輪場に向かおうとした。

 「ま、まって!」

 歩み出した俺を遥希はるきが止める

 「ん?」
 「あんた、死にそうな顔してるけど…その…大丈夫なの?」

 睡眠もロクに取っていない。

 下半身のほとんどは筋肉痛。
 
 かなりしんどい。

  けれど、可憐に比べればこんなものは優しいものだ。

 「もう既に死んだ魚の目してるから死んでも死んでないことになるんだよ俺は」
 「なに言ってるのよ」

 頭が回らなすぎて意味の分からないことを言ってしまう。
 
 しかし、遥希はるきの横の子はクスクスと笑ってくれた。
 
 再び歩き出す。

 俺の背中に遥希はるきつぶやきとも取れる小さな声がかかる。

 「…ありがと」

 俺は、背中を向けた状態で右手を挙げた。


 授業には出ずに17時まで可憐を探した。

 もしかしたら岐阜にいるのかもしれない。

 そうなったら手も足も出ない、岐阜なんてあの病院くらいしか分からない…
 
 バイトを終え22時から捜索をしたが結局見つからなかった…

 最悪な思考で頭が支配される。

 吐き気が襲い、俺は近くの公衆トイレに駆け込み嘔吐した。

 「う、う……おえっ…」
 
 胃液の酸っぱさが気持ち悪い…

 独特の匂いも…

 そしてもう一発放った。


 5月11日土曜日

 進学校でも無い長嶺原ながみねはら高校は土曜日に授業をすることは無いが、俺は学校に向かった。
 
 目的は遥希はるきに会い、可憐が戻って来たかどうかを聞くため。
 
 体育館に着き、遥希はるきともう1人の部員と会う。

 「おはようございます!直斗先輩」
 
 その子は今日も元気だ。

 「おう…おはよ」
 「あんた、クマすごいけど」
 「まじか」

 朝の5時まで捜索をしていた。
 
 どうやら可憐の捜索は警察沙汰になっており走っている俺は何度か呼び止められその度に「ランニングです」なんて適当な嘘をついたものだ。

 「可憐さんは…」
 
 遥希は首を振った。
 
 その遥希を見た瞬間、視界が真っ暗になった…
 
 「ちょっと!!しっかりしなさいよ!」
 「は、遥希ちゃん!保健室!」
 「ねえ!しっかりして!」

 そんな2人の声が頭の中で響く。
 
 うるさいなぁ…
 ぼんやりとする頭の中で呟く。

 そして意識が飛んだ。


 
 目を開けると俺は公園のブランコに座っていた。
 
 目の前には長嶺原高校の制服を着て長い茶髪を風になびかせながら、夢で出会った少女が立っていた。
 
 なぜだか今回の夢は少女の顔を認識することができた。
 
 その美形な顔を見ると、俺は胸に暖かさを感じる。
 
 どこかで見たことのあるような顔だけど、いったいどこで見たのだろうか。

 「ねえ、直斗くん」
 「なんですか」
 「やっと会えましたね」

 「“やっと”ってどういうこと?」
 「直斗くんの夢になかなか出れなかったんですよ」
 「何それ」

 俺はその意味の分からない少女の話に苦笑いで返す。

 「私と会えたのだから、あとは直斗くんが救うだけだね」
 「よく分からですね」
 「ふふふ、謎のポジションが好きなのよ」
 
 少女は口元に手をやり微笑む。
 
 それに俺はまた苦笑いで返す。

 「さあ、直斗くん、いってらっしゃい」



 目を開けると天井が1番に視界に入った。
 
 「保健室か」
 「あ、直斗先輩!大丈夫ですか!?」

 正直意外だった。遥希がいるのかと思ったけれどそこにいたのは前髪をピンでとめているショートカットの女の子だった。
 
 名前は知っている

 「どうして高春たかはるさんが?」
 「えっと、遥希ちゃんは顧問の先生に呼ばれて出てっちゃったんで」

 目を逸らしながら高春 菜月たかはる なつきは必死に説明をする。
 
 顔を赤く染めて…

「過去に戻り青春を謳歌することは可能だろうか」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • おざおざ@新シリーズ作成中

    ハザードマップさんありがとうございます!
    これからもご愛読よろしくお願いします!

    1
  • ハザードマップ

    先がきになる展開でこれからが楽しみです!
    主人公の過去にも気なって早く続きが読みたいです!

    1
コメントを書く