過去に戻り青春を謳歌することは可能だろうか

おざおざ@新シリーズ作成中

13話 過去に戻り後悔を拭うことは可能だろうか 7






 直斗の言っていたことが本当ならあと2時間弱でおばあちゃんの容態が悪化する。直斗には「信じる」と言ったが本当のところ素直に信じているとは言い難い。というか信じたくない。
 
 「お姉ちゃん、どうかしたの?」
 「あ、いえ、何でもない」
 
 私はしばらく考え事をしていた。その様子は傍目はためから見たらぼーっとしているように見えたのだろう、遥希はるきが声をかけてくれたおかげで意識を今に集中させることができた。

 「可憐は美人になったわね」

 ニコリと微笑んでおばあちゃんは私に語りかけた。毎回会うたびにおばあちゃんは私のことを褒めてくれた。小さい頃からずっと。

 「おばあちゃんの孫ですもの、当たり前じゃない」
 「それもそうね」

 ベットの上でニコニコと元気そうにしているおばあちゃんを見るとこれから起こることがどうも信じれない。
 
 まだ関わり始めてから2日しか経っていない男子が私をからかうために付いた嘘。そう思いたいけれど、そうは思えない。
 
 だって直斗は屋上で私のおばあちゃんが入院している病院を言った。誰にも話していないのに。
 
 そしてそのあと脳内にフラッシュバックされたあの風景。

 私が泣いていて、直斗が叫ぶ。直斗の部屋だったと思う。

 「可憐」
 「なに?おばあちゃん」
 
 また意識が思考にシフトチェンジしていたが、おばあちゃんの呼びかけで脳みそを切り替える。

 「彼氏はできた?」
 「いないわよ」

 「あら、そうなの?ならさっきの男の子は?なかなかイケメンだったじゃないの」

 「な、直斗とは何にもないしそうゆう関係にもならないから!」

 悪戯いたずらっぽく笑いながらおばあちゃんは私をからかい、それに対して両手を振り全力で身の潔白を主張する。

 「お姉ちゃんはもっといい人と付き合うわよ、あの男は良くないから付き合わないの」

 「そうかしら?優しそうだったけれど」
 「は?どこが?おばあちゃん騙されちゃダメだよ!」
 「そうかい、てっきり遥希はるきも好意をいだいているかと…」
 「いだいてないから!」

 私は2人のやりとりを見て苦笑するものの2人のやりとりは微笑ましく心の中では暖かい気持ちになっていた。
 
 話の内容に出されている直斗には心で謝っておくことにしておく。
 
 今頃クシャミでもしているかもしれないと少し頬が緩む。

 「安心して母さん、可憐の彼氏はこの目でチェックを入れて、いい男と付き合わせるから」
 
 お母さんは右手の拳を握り胸の高さまで持ってきて自信満々な仕草をしている。
 
 その横でお父さんはニコニコしている。

 
 
 「さて、そろそろ9時だから一旦ホテルに向かうか」

 お父さんがパイプ椅子から立ち上がり上着のジャケットを羽織りながらそう言った。
 
 ダメだ。おばあちゃんと離れてはいけない。
 
 「お、お父さん、もう少しいてもいいんかな」
 
 私はお父さんに懇願こんがんの眼差しを向ける。

 「その気持ちは分かるけれど、消灯時間が21時なんだよ」

 時刻は20時56分、普通ならばお見舞いなんてできない。病院の人もさっきからちょくちょく部屋を覗きに来ている。

 「だけど…一緒にいたい…」
 
 理由の話し方が分からない。言葉の尾ひれは小さく、自信の無いものになってしまった。
 
 「あら可憐ったら、私のことそんなに好きだったかしら?嬉しいわね」
 
 「うん、好きだよ、大好き」

 気づくと私は涙を流していた。
 
 小さい頃…小学生だった頃のことを思い出す。
 
 色んなことがあって疲れていた私に、おばあちゃんは色んな手料理を振舞ってくれた。畑で採れた野菜で作った肉じゃが。野菜炒め。胡麻和え。生姜焼き。そして年齢には似合わないフレンチ料理っぽいものも何度も作ってくれた。
 
 おばあちゃんの手料理はいつも私を元気付けた
 
 おばあちゃんに何度“ありがとう”と言ったことか。その度におばあちゃんは
 
 「おじいちゃんが亡くなって寂しかったけど可憐や遥希のおかげでおばあちゃんはいつもパワーをもらっているんだよ。おばあちゃんは可憐や遥希に返しても返しきれないほど沢山のものを貰っているよ。ありがとう。」

 そう言った。
 
 そして今も、その言葉を私に投げかけた。
  
 「うぅ…うっうぅ…」
 
 私はおばあちゃんに抱きつき嗚咽おえつ混じりの声を出している。
 
 おばあちゃんの病院服は私の涙で濡れた。

 
 
 お父さんが戻ってきた。

 「可憐、騒がしくしなければ居てもいいって、個室だからって特別に許可を貰ったよ」
 「ほんと?」
 「ああ、本当だよ」

 泣いている私を見てお父さんは看護婦に交渉をしてくれた。
 
 お母さんやお父さん、遥希は私が泣いた理由と残りたいと言った理由を聞いてきたりはしなかった。
 
 ただ、私が家族でここに居たい、ということは皆んなにひしひしと伝わったのだろう。

 家族で各々の近況報告について談笑をし盛り上がった。許可は出ているものの“静かにする”というのが条件なのであまり騒がしくはしていなかったと思う。
 
 その楽しさに何故家出をしているのだろうと思ってしまう。
 
 理由は、お父さんとお母さんの喧嘩だ。おそらくまだ続いている。というかずっと続いている。けれど今だけはそんなの皆んな忘れて話すことに集中して今の時間を大切にしている。

 22時50分
 
 遥希は眠ってしまった。椅子に座ったまま。個室には落ち着いた空気が流れていた。

 「うっ…」
 
 横になっていたおばあちゃんが苦しそうなうめき声を出す。

 「ん?」
 
 最初に気づいたのはお父さんだった。
 
 直斗の言っていたことは本当だった。
 
 「か、母さん!」
 
 お母さんがパイプ椅子から立ち上がりそのガチャッという音で遥希が目を覚ます。

 「だ、大丈夫ですか!お母さん!」

 次にお父さんが立ち上がる。

 「な、なに?」

 遥希はまだ状況を把握できていない様子だ。

 分かってた。

 けれど何をしていいのか分からない。

 体は立ち上がったものの硬直したまんまだ。

 頭の中で混乱が渦巻く。

 23時ちょうど。

 おばあちゃんは医者に運ばれて病室を後にした。
 

「過去に戻り青春を謳歌することは可能だろうか」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く