過去に戻り青春を謳歌することは可能だろうか

おざおざ@新シリーズ作成中

12話 過去に戻り後悔を拭うことは可能だろうか 6


 「お父さん、この人誰?」

 そう言って、その少女は俺に指をさした。
 
 なんかすげー生意気だなこいつ。

 整った顔でどこか可憐に似ていることから夏ノ一家の一員に違いないとすぐに分かった。
 
 「この子は可憐のお友達の直斗くんだよ」
 「どうも、長嶺原ながみねはら高校2年の町 直斗まち なおとです」
 「ふーん」

 少女は座ったまま自己紹介した俺の目の前まで来て前のめりになって俺の顔を覗き込む。実に距離は10センチ弱だ。
 
 横では可憐の父が「すまん」と言っている。
 
 おそらく、こうなることは予想していたのではないだろうか。

 「直斗なおと…どこかで聞いたことあるような気がする」

 そう言って顎に手をやり何か考えるような姿勢を取ったあと、腕を組み

 「私は長嶺原ながみねはら高校1年の夏ノ 遥希なつの はるきよ」
 「可憐さんの妹ってこと?」

 「そうよ、てかあなた、お姉ちゃんの友達?本当に?彼氏…とかじゃなさそうね、確かに顔はイケメンかもしれないけど目はどこか死んだ魚のようだし一緒にいてつまらなそう、お姉ちゃんみたいな美人が付き合うわけないか」

 「おい、ボケ、先輩やぞ」

 自己紹介で述べていたようにコイツは長嶺原高校1年だ。だから俺の方が先輩になる。しかし、なんだこの生意気な口は、可愛いからってマジ調子乗っていやがる。

 「あなた誕生日いつ?」
 「12月23日」
 「てことは今16?」
 「そうだけど」

 「私の誕生日は4月24日よ、つまり私は16歳、よって同い年、タメの扱いで行かせてもらうわ」

 「行くな、逝かすぞ」
 「はっ…なんて卑猥ひわいなやつなの、最低。」
 「そっちの意味で言ってねーよ」

 俺と遥希はるきがプチ口論をしていると再び病室の扉が開かれ可憐と可憐の母が入ってきた。

 2人並んで歩いている姿は“親子”そのものだった。凛とした歩き方、雰囲気、同じだった。だから傍目から見てもすぐに親子だとわかるだろう。そのくらい似ている。
 
 なのになんでコイツには品がないのかしら。

 遥希曰く“死んだ魚の目”というもので活き活きとしすぎて早く締められてほしい魚を見る。

 「意外ね、仲良くなるなんて」
 「そうね」

 遥希の性格を熟知している可憐と可憐の母が間違った分析をしている。

 「違うわよ!全然仲良くなんてない!」

 病院では普通出さないようなボリュームで遥希は真っ向から2人の分析を崩壊させる。
 
 本当に生意気なやつだと思う。
 
 だから少し言い返したくなった。
 
 もちろんふざけて

 「あらやだ、遥希さんったら先輩と仲良くできてはしゃいでいらっしゃったのかと思いましてよ」
 
 「キモい」
 「あ?」 
 「あ?」 

 無意識に俺は立ち上がり遥希と目線をぶつけ火花を散らす。

 「はいはい、その辺にしなさい2人とも」

 可憐は手を二回叩き『パチパチ』という擬音を鳴らしその場の仲介をした。
 
 可憐の声とその音を聞いて遥希は「フンッ」とそっぽを向く。
 
 こいつ黙ってたら可愛いのに…と遥希の性格を知った俺は落胆のような失望感た苛まれた。

 「お父さん、話はもういいの?」
 「ああ、大丈夫だ、待たせて悪かったね」
 「大丈夫、おばあちゃんと話してたから」
 
 可憐の祖母は既に検査を終えていて可憐と話していた、可憐はこれから起こることを知っている。最悪の事態も考えられる。2人の時間を大切にしよう。そう思ったに違いない。
 
 本当は家族全員ですこしでも長く話したかっただろう。
 
 僅かではあるが、その時間を俺が取ってしまったことに罪悪感が芽生える。

 「そうか、ならよかった」
 「もう少しで戻ってくるって」
 「わかった」

 時刻は間もなく8時になる。

 容態が悪化するまであと3時間。

 可憐をここに連れてくるという俺のミッションは果たされた。
  
 可憐の表情には緊張の色が伺える。
 
 それもそのはず、可憐は23時に起きることを俺の口から知ったのだ。
 
 それを信じているかは分からない。だが、嘘だったとしても心配はするに違いない。
 
 そして、ここからは俺がいるのは場違いだ。他人の家庭のことにしつこく執着するのは間違っている。
 
 それは俺がよく分かることだ。

 「それでは僕はここで」
 「そうか、直斗くん本当にありがとうね」
 
 可憐の父が頭を少し下げ、それに連れて母の方も「ありがと」と言い礼をする。
 
 その礼の対象は俺が可憐をここに連れてきたことに対してだろう。
 
 何に対しての礼か分かったようで少し居心地が悪いように手を後ろで組み下を俯いている。

 「直斗、またね」
 「はい、さようなら、今日は泊まりですか?」
 「ええ、父さんがとってくれたホテルよ」
 「そうですか、お体に気をつけて」
 「うん、おやすみなさい」

 一方遥希は俺の方を見ていない。
 
 挨拶しろ、先輩やぞパイセン。
 
 『お疲れ様ですー』くらいの勢いでマネージャーぽくスクイーズボトルもってこいや
 
 そんなくだらないことを考えて病室を出る。
 
 明日可憐は親と一緒に長野に帰るに違いない、だから可憐の心配をする必要は無く、俺は気軽に駅に向かった。
 
 駅に向かって歩いている途中ふと思う。

 
 俺は彼女を助けたことになるのだろうか

 

「過去に戻り青春を謳歌することは可能だろうか」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く