一般人が異世界ではチートになりすぎました

held 462

#9 1ヶ月間の成長

前回のあらすじ【ユウヂのステータスで襲って来る魔族達をの討伐依頼を王
(ウェル)から受けユウヂ達は承諾した】


異世界生活2日目


今日はウェル達の護衛との挨拶と
ミーティング

ション「よろしくお願いします護衛さん」

護衛1「あぁよろしく君たちがユウヂ君とションちゃんだね」

護衛1「俺はゲイル、ゲイルと呼んで構わないぞ」

ユウヂ「他の護衛達は居ないのか?」

ゲイル「あぁ、残念な事にな」

ション「何故ゲイルさんお一人だけなの
です?」

ゲイル「他の奴らは魔族達にビビってな
恥ずかしい事に」

ユウヂ「そうか、でも何でゲイルだけ残ったんだ?」

ゲイル「俺だけでも残んないと冒険者達にやらせないと駄目だろ、それで俺だけ残った訳だ」

ユウヂ「お前らも色々有るんだな」

ション「でもユウヂさんが来たからには、
相手も全てワンパンですよ。」

ゲイル「そうだなユウヂ君は攻撃力10兆
とかゆうバケモンだそうだなや」

ユウヂ「てか俺達の事は呼び捨てで良いぞ」

ゲイル「そうか、ユウヂお前とは仲良くなれそうだ1ヶ月間よろしくな」


それから1ヶ月後魔族達が襲って来る日がやって来た


︿︿︿︿︿︿お知らせと訂正︿︿︿︿︿︿
前回、1日2回又は1日1回更新と言っていましたが、1日一回のみの更新となりました。時刻は午後7時投稿となります。

訂正
ユウヂのキャラが安定していなかったのでオラオラ系のキャラにします。

訂正してほしい事はコメントしてください

「一般人が異世界ではチートになりすぎました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く