一般人が異世界ではチートになりすぎました

held 462

#4 悠市の偽造ステータス

転生し俺は偽造ステータスの作成に取り掛かった。

2時間後

悠市「よし、出来た!」

ション「出来ましたか?」

悠市「あぁ、ステータスの完成だ」

ション「おめでとうございます」

悠市「ありがとう」

新しいステータスはこれだ、


名前       ユウヂ

年齢       17歳  

種族       新ヒューマン

攻撃力   10兆

防御力   500万

MP         ∞

素早さ   5000万

知力       未知数

加護     全神の加護

スキル:全創造  全破壊  瞬殺  絶対死  
               時空移動  時間移動  テレポート
               ステータス訂正  未来予知  飛翔
               具現化  鑑定  全体蘇生

魔法:全属性

常時使用:全属性の攻撃  防御力UP 

特性       不老不死  全体防御

称号:神を超える者  全神の加護を持つ者
  世界最強  新しい種族 

以上が悠市改めユウヂの新しいステータスだ。
ション「ステータス、、異常ですね」

ユウヂ「当たり前だ俺は無双が大好きなんだ」

ション「それはともかくユウヂさん」

ユウヂ「何だ?」

ション「私を具現化してみませんか?」

ユウヂ「ションって具現化出来んのか?」

ション「ええ、私も女神ですから」

ユウヂ「え、ションって女神だったのか!?」

ション「はいですから具現化してみてください」

ユウヂ「あ、あぁ」

ション「ではお願いします」

ユウヂ「具現化!」

ション「お、出来ました。」

うまく具現化ができ、ションは守りたくなる、可愛い女性になった。

ユウヂ「出来たか」

ション「可愛いですか?」

ユウヂ「あぁとてつもなく可愛い」




︿︿︿︿︿︿︿︿︿解説︿︿︿︿︿︿︿︿
ユウヂはステータスを変え最強となり
ユウヂはスキルを使ってション
を人間と同じ容姿にした


                         第四話終わり

「一般人が異世界ではチートになりすぎました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 白夜

    偽装ってことは低くしなくちゃいけないんじゃ…
    まぁ良いんじゃないですか?

    1
コメントを書く