話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

一般人が異世界ではチートになりすぎました

held 462

#1 一般人が異世界ではチートになりすぎました


俺は村田悠市ただの高校生だ

平凡の日々を送っていただがある日俺は死んだ
死因は交通事故だ。俺は猫を助けようとして死んだ、

そして俺は今、場所の分からない教会居ることが分かった、

俺の目の前には神?が居たその神?は喋りかけてきた、

「我は神だ」と言ってきて俺はついイタそうなのが世の中には居るもんだと思ってしまった。

だがその神は聴こえていると言ってきているのだ、俺は声に出していたか?

でも俺は喋れない事に気づいた、これは神だと確信した、
だって心の声は気付かれないのが正しい。神は謝ってきたどうやら俺は神のミスで死んだらしい、とんだ迷惑‎だ。
気づいたら俺は喋れるようになっていた、
神は謝礼として選択肢をくれた、神は
地獄か天国又は異世界とゆう何ても破天荒?の選択肢を投げ掛けてきた俺はもちろん、異世界を選んだ、
理由は楽しそうだからだ神は「そうか」と哀しげに言ってきた何かまずいのだろうか神は「よし、分かった」
と言い立ち上がる、突然俺の目の前に大きなルーレットが出てきた。




︿︿︿︿︿︿︿解説︿︿︿︿︿︿︿︿︿︿
村田悠市は神のミスにより死んでしまった
神は謝礼として選択肢をくれた俺は異世界
に行くことにした悠市はルーレットで異世界の何かを決めるようだ。

           何かとは何なのか次回のお楽しみです。
          
                           第一話終わり

「一般人が異世界ではチートになりすぎました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く